メイン画像

あす(13日)は関東地方は広く雨が降りますが、あさって金曜(14日)は日差しが戻るでしょう。日曜(16日)以降は曇りや雨の日が続くため、金曜の日差しを有効活用して、洗濯物など済ませてしまうと良さそうです。

あす(13日)は広く雨 傘の出番に

きょう(12日)は日差しの出た関東地方ですが、あす(13日)は、前線や低気圧が近づくため、広く雨が降るでしょう。南部では早い時間から雨が降りだし、朝の通勤通学の時間帯も傘が必要となりそうです。日中も雨が降りやすく、夜にかけて傘が手放せないでしょう。本降りの雨となる時間もありそうです。また、伊豆諸島には発達した雨雲がかかって、激しく降る所があるでしょう。しっかりとした傘や、レインコートがあると良さそうです。
一方、北部の雨は昼前後と、時間は限られそうです。ただ、日差しは期待できず、一日を通して雲に覆われるでしょう。
日中の最高気温は、20度に届かない所が多く、少しヒンヤリと感じられそうです。きょうの服装プラス1枚くらいでちょうど良いでしょう。

金曜は貴重な晴れ間に 日曜以降は曇りや雨の天気が続く

画像B

金曜(14日)は、前線は南下し、高気圧に覆われるため、関東は日差しが戻る見込みです。日差しとともに気温が上がり、25度以上の夏日になる所が多いでしょう。日差しの下では、汗ばむくらいの陽気となりそうです。土曜(15日)は曇りマークですが、晴れ間がのぞく時間もあるでしょう。とはいえ、金曜の方がたっぷりの日差しが届いて、これが貴重な日差しとなります。洗濯物や、家の周りの屋外での作業などは、金曜の日差しを有効活用して済ませてしまうのが良さそうです。
日曜(16日)以降は、前線の影響を受けて、曇りや雨の日がしばらく続く予想です。梅雨時のような天気で、気温が高く、蒸し暑く感じる日もありそうです。マスクをつける生活では、息苦しく感じたり、より暑さを感じたりするため、こまめに水分補給をしたり、周囲に人がいないときはマスクを外して休憩をするなど、熱中症にならないよう注意をしてお過ごしください。

画像C