メイン画像

あす24日は梅雨前線が北上します。九州から近畿、東海は天気が崩れる見込みです。一方、関東や東北、北海道は日が差しますが、所々で夏を思わせる暑さとなりそうです。

西日本や東海は梅雨空が戻る

画像A

きょう23日は、梅雨前線が本州付近から離れたため、九州から東海は梅雨の晴れ間となりました。
ただ、あすになると再び梅雨前線が北上し、前線上には低気圧が発生します。
このため、九州から東海は雲が増え、傘の出番となる時間がありそうです。

九州南部では強雨も

画像B

九州は午前を中心に雨が降り、前線や低気圧に近い南部では雨脚の強まることもありそうです。
その後、雨のエリアは東に移動し、中国は昼前後、四国は午後に、にわか雨がある見込みです。
夜になると近畿や東海を雨雲が通過する予想です。
雨の降る時間は長くはないですが、外出の際に雨が降っていなくても、傘をお持ちになると安心です。

関東や北陸、東北は夏日も

画像C

梅雨前線から離れている関東や北陸から北の地域では、日中は日の差す所が多い見込みです。
南から暖かい空気が流れ込んでくるため、関東や北陸、東北南部を中心に、気温が上がりそうです。
最高気温は軒並み25度以上となり、内陸の地域や北陸では30度に迫る所もある予想です。暑さに注意が必要です。