この先一週間は前線が南下したり北上したり。天気は周期的に変わりそうです。26日(水)はスーパームーンと皆既月食。観測が楽しめるのは?

25日(火)の天気 九州から北海道は晴れる所が多い

25日(火)は前線が沖縄付近に停滞するため、沖縄は梅雨空が続きそうです。一方、九州から東海は天気が回復して日中は大体晴れるでしょう。ただ、山沿いでは、にわか雨の所がありそうです。北陸は明け方まで雨の降る所がありますが、日中は晴れ間が出るでしょう。関東甲信や東北も日差しが出る見込みです。関東北部や東北は夕方以降は急な雨にご注意下さい。北海道も大体晴れますが、太平洋側では天気の急変にご注意下さい。

26日(水)今年一番の天体ショー「皆既月食」と「スーパームーン」

26日(水)は前線が次第に北上するでしょう。沖縄は雲が多く、雨の降る時間があるでしょう。九州も雲に覆われて、次第に雨雲がかかりそうです。四国や中国、近畿、東海、北陸、関東甲信と東北、北海道は広く晴れますが、東北の日本海側では雨の降る時間がありそうです。日本国内では26日(水)の夕方から、月が地球の影に隠される「皆既月食」が起こります。日本国内で「皆既月食」が見られるのは2018年7月28日以来、およそ3年ぶりのことです。さらにこのときの満月は今年最大の満月「スーパームーン」です。沖縄や九州は夜は雲が多く、あいにくの天気となりそうですが、本州付近や北海道を中心に観測の楽しめる所が多いでしょう。

27日(木)は広く雨 関東甲信の梅雨入りの可能性も?

27日(木)は前線が北上し、九州から関東の広い範囲で雨が降るでしょう。九州や四国など太平洋側を中心に雨の強まる所がありそうです。これまでの大雨で雨量が多くなっている所は、さらなる大雨に注意や警戒が必要です。今一度、ハザードマップで危険な箇所を確認しておくようにしましょう。沖縄・奄美と九州から東海は既に梅雨入りしているものの、関東甲信はまだ梅雨入りしていません。ただ、このタイミングで梅雨入りの可能性もあります。今後の前線の動きに注意が必要です。28日(金)は前線が南下し、天気の回復する所がありそうです。29日(土)は気圧の谷が北海道付近を通過するため、30日(日)にかけて、日本海側を中心に天気が崩れる見込みです。31日(月)も梅雨前線が沖縄付近に停滞し、沖縄は梅雨空が続くでしょう。