今年は、沖縄や奄美、九州から東海にかけて、いずれも平年より早い梅雨入りとなっています。特に、九州から東海にかけては統計開始以来1位、2位になるような異例の早さでの梅雨入り。3か月予報をもとに、気になる関東甲信から東北の梅雨入りに加え、各地の梅雨時期の傾向、梅雨明け、真夏の暑さの見通しをまとめました。

画像A

6月 梅雨前線の活動が活発に

5月に続いて、6月も日本の南への太平洋高気圧の張り出しは平年より強い予想です。梅雨前線の北上が早めで、前線の活動は活発になりやすいでしょう。
沖縄や奄美は梅雨空の日が多くなりそうです。九州から関東甲信は曇りや雨の日が多く、平年より雨量が多くなる予想です。関東甲信の梅雨入りも近いでしょう。前線の活動が活発になりやすく、早い時期から梅雨末期のような大雨になる可能性もあります。側溝の掃除やハザードマップ・非常持ち出し袋の確認をするなど、大雨に備えておくとよいでしょう。
北陸や東北は6月前半は天気は数日の周期で変わりますが、後半はぐずついた天気になる予想です。梅雨入りは平年(6月中旬)に比べ、遅れることはないでしょう。梅雨のない北海道の天気は数日の周期で変わる見込みです。
平均気温は全国的に平年並みか高くなるでしょう。蒸し暑い日が多くなりそうです。気温だけでなく、湿度が高いと熱中症リスクも高まります。暑さ対策をしっかりとなさってください。

画像C

7月 梅雨明けどうなる

梅雨前線は、北上の早い傾向は次第に弱まるものの、平年よりやや北に位置しやすいでしょう。
沖縄や奄美は太平洋高気圧に覆われて、真夏が到来しそうです。九州から関東甲信は7月前半は曇りや雨の日が多いでしょう。雨量は平年並みですが、梅雨末期の大雨に警戒が必要です。後半は平年同様に晴れる日が多くなるでしょう。九州から関東甲信の梅雨明けは平年では7月中旬ですが、今のところ平年より大幅に早まることはない見込みです。記録的に早い時期に梅雨入りとなった九州から東海では今年は平年以上に長い梅雨となるでしょう。
北陸と東北は7月後半にかけて梅雨前線や湿った空気の影響を受けやすいため、平年より曇りや雨の日が多い予想です。雨量も平年より多いでしょう。
梅雨のない北海道ですが、平年に比べると曇りや雨の日が多いでしょう。すっきりしない天気になりそうです。
平均気温は沖縄や奄美は平年並みか高く、九州から北海道は平年並みでしょう。極端な暑さはありませんが、平年でも厳しい暑さが到来する時期です。万全な熱中症対策が必要です。

8月 猛暑? 冷夏?

太平洋高気圧は、西への張り出しが強い一方で、北への張り出しはやや弱い見込みです。
沖縄や奄美はしっかりと太平洋高気圧に覆われるため、夏空が広がる日が多いでしょう。九州から関東甲信、北陸でも平年同様に晴れて、強い日差しが照り付ける日が多くなりそうです。ただ、気圧の谷や湿った空気の影響を受ける時期があり、急な雨や雷雨が多くなる可能性があります。東北や北海道の天気は数日の周期で変わるでしょう。
平均気温は沖縄や奄美は平年並みか高く、九州から北海道は平年並みの予想です。真夏らしい暑さの日が多くなるでしょう。万全な暑さ対策が必要です。マスクをしていても、こまめな水分補給をなさってください。

今年の夏の天気のポイント

以上から、今年の夏に予想される天気のポイントは以下の通りです。
①本州付近で梅雨前線が活発化しやすく、早い時期から梅雨末期のような大雨に警戒
②梅雨明けが極端に早まることはなく、長い梅雨に
③盛夏期もゲリラ雷雨に注意
④盛夏期は平年同程度の真夏の暑さ(マスク熱中症に注意)