きょう28日(金)は、移動性高気圧に覆われて晴れる所が多い。北海道と東北、北陸は雨の降る所があるが次第に回復へ。沖縄と奄美は梅雨空の所が多い。肌寒さから一転、多くの所で初夏の陽気。

きょうの気圧配置

沖縄付近から伊豆諸島の南には、梅雨前線が停滞するでしょう。きょう28日日中は、前線の活動が活発になる見込みです。
日中は九州から本州で高気圧に覆われる所が多いでしょう。
しかし、天気の移り変わりが早く、日本海には、次の低気圧が進んでくる見込みで、今夜からあす29 日夜にかけて、九州から北陸にかけての主に日本海側と東北や北海道で大気の状態が不安定になるでしょう。

きょうの天気 関東から九州 五月晴れ

画像B

沖縄と奄美では雨が降りやすく、昼ごろからは⾬脚が強まるでしょう。局地的にカミナリが鳴ることや激しい雨が降る見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒をして、落雷や竜巻などの激しい突風にも注意が必要です。
九州と中国、四国地⽅は、⽇中は晴れますが、夜は雲が広がりやすくなり、所々で⾬が降るでしょう。カミナリが鳴る所がある見込みです。
近畿は、⽇中は多くの所で晴れますが、こちらも夜は雲が広がる⾒込みです。
東海は、⽇中は晴れるでしょう。夜は所々で⾬が降りそうです。
関東甲信は、だいたい晴れるでしょう。
北陸は、朝まで⾬の降る所がありますが、⽇中は次第に晴れる予想です。
近畿と関東甲信、北陸では、午前中濃い霧が発生する所がありますので、クルマを運転される方や小型船舶を操縦される方は、ご注意ください。
東北は、朝まで⾬の降る所がありますが、日中は南部を中心に晴れるでしょう。北部で晴れるのは夜になる見込みです。
北海道は、午前中は⾬が降りやすい⾒込みですが、午後は回復するでしょう。南よりの風の強まる所がありそうです。

きょうの最高気温 初夏の太陽 真夏日並みの暑さも

画像C

北海道と東北北部では、20℃前後で、きのうと同じか下回る所が多いでしょう。
東北南部と関東甲信から九州では、25℃以上の夏日になる所が多いでしょう。きのうより高くなる所がほとんどです。きのう27日は雨や風で肌寒く感じた所も、一転して暑くなる見込みです。
沖縄では、各地30℃以上で、きょうも真夏の暑さが続きます。
八重山地方には「熱中症警戒アラート」が、3日連続で発表されています。

八重山地方に 熱中症警戒アラート 危険な暑さ

画像D

【熱中症警戒アラートとは】
熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。(去年は、先行して関東甲信地方だけを対象に実施しましたが、今年は、全国を対象として実施しています。)
熱中症警戒アラートを発表する基準は「暑さ指数(WBGT)」です。暑さ指数は「気温」「湿度」「輻射熱(地面や建物・体から出る熱で、温度が高い物からはたくさん出ます)」を取り入れた、暑さの厳しさを表す指標です。
この暑さ指数が、全国を58に分けた府県予報区等のどこかの地点で、「33」以上と予想した場合、熱中症警戒アラートが発表されます。熱中症警戒アラートが発表された所では、日頃から実施している熱中症対策を、普段以上に徹底することを心掛けてください。

予防対策 5つのポイント

画像E

【熱中症警戒アラートが発表されたら】
熱中症警戒アラートが発表された所では、熱中症にかからないよう、積極的にとるべき行動が5つあります。
①外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。熱中症を予防するためには、暑さを避けることが、最も重要です。不要不急の外出は、できるだけ避けてください。屋内では昼夜を問わず、エアコンなどを使用して、部屋の温度を調整しましょう。
②屋外や、エアコンが設置されていない屋内での運動は、外での運動は、原則、中止や延期をしましょう。
③普段以上に、熱中症予防行動を実践しましょう。のどが渇く前に、こまめに水分を補給したり、なるべく涼しい服装を心がけたりしてください。屋外で、人と十分な距離を確保できる場合は、適宜マスクをはずしましょう。
④熱中症のリスクが高い方に、声かけをしましょう。高齢者や子ども、持病のある方、肥満の方、障害のある方などは、熱中症にかかりやすいため、「夜間でもエアコンを使う」「こまめな水分補給を心掛ける」など、周りの方が声をかけてください。
⑤暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。暑さ指数は、時間帯や場所によって、大きく異なります。環境省熱中症予防情報サイトなどで確認して、暑さ指数を行動の目安にしてください。
「暑さ指数(WBGT)」近似値は、tenki.jp「熱中症情報」でも確認できます。