きょう30日(日)、気圧の谷に伴う雨雲が北海道や東北に。関東甲信や北陸も急な雨や雷雨の所がありそう。東海から九州は広く晴れ。沖縄は梅雨空が続く。

各地の天気 北と南ほど雨雲が湧きやすい

画像A

きょう30日(日)も、日本の北に低気圧。この低気圧を含む気圧の谷や、上空の寒気などの影響で北海道と東北は雨の所が多いでしょう。北陸や関東も局地的に雨雲や雷雲が発達します。また、南西諸島付近には梅雨前線が停滞するでしょう。
【各地の天気】
北海道や東北北部は雲が多く、ザッと雨の降ることもあるでしょう。特に、北海道の東部では午後、東北北部は昼過ぎまで、大気の状態が不安定で、雷を伴って雨脚の強まる所がありそうです。
東北南部は雲の間から日が差しますが、昼前後を中心に雨の降る所があるでしょう。
北陸は、昼前にかけて、急に降ってくる強い雨や雷雨に注意が必要です。午後は次第に晴れるでしょう。
関東甲信も日差しが届きます。ただ、山沿いの早い所では昼前からにわか雨があり、午後は平地でも所々で雨雲や雷雲が湧いてくるでしょう。局地的には、道路が川のようになるほどの激しい雨が降りそうです。
一方、東海から九州にかけては広く晴れるでしょう。
沖縄は断続的に雨で、雷を伴うこともありそうです。

最高気温 きょうも関東から西は広く夏日

最高気温は、北海道や東北北部は、きのうと同じか低い所が多く、15度〜18度くらいの予想。日中も空気が少しヒンヤリと感じられるでしょう。
東北南部や北陸は、20度〜23度くらい。仙台など、きのう25度を超えた所も、きょうは暑さが収まります。
一方で、関東から西は広く25度を超えて、内陸を中心に30度くらいの所も。こまめに水分を摂るなど、暑さ対策を。屋外の作業などは、無理をせず、時間を決めて休憩をとるようにしてください。