tenki.jpの2週間天気によれば、梅雨入りが未発表の地域で雲が広がりやすい日が多くなる。3日から4日は九州から近畿で大雨のおそれが。4日頃は、東北と北海道を中心に大荒れや大しけのおそれ。

あす2日(水) 日中晴れ間があるが西から下り坂に

北海道は小さな低気圧が通過する見込みです。
北海道では、雲が多い天気で、午前中は日本海側で、昼頃からは東部や太平洋側で雨の降る所がある見込みです。
移動性高気圧の中心は日本の東に進んで、次第に陸地から離れますが、本州や四国には勢力を残すでしょう。
東北と関東から近畿や中国、四国では、日中を中心に晴れる所が多い見込みですが、朝晩は雲の広がる所があるでしょう。
九州には、夜になって西から前線がのびてくる見込みです。
このため、日中晴れる所もありますが、雲が広がりやすく、夜には雨の降りだす所が多くなりそうです。
沖縄付近には、梅雨前線が停滞するでしょう。このため雲が多い天気で、所によって雨が降る予想です。
日中の気温は、多くの所が平年並みですが、日本海側や九州では7月並みの所があるでしょう。

あさって3日(木)から 週末にかけて曇りや雨

3 日(木)は、北海道から九州は、低気圧や前線の影響で雲が広がりやすく、九州から近畿を中心に雨が降るでしょう。
4 日(金)は、引き続き前線や低気圧の影響で、九州から北海道にかけての広い範囲で雨が降る見込みです。
3日から4日にかけて、九州から近畿は、前線の活動の程度等によって大雨になるおそれがあります。4日頃は、東北と北海道で、低気圧の影響で大荒れや大しけになるおそれがありますので、この後の気象情報に、ご注意ください。
5 日(土)は、関東から九州で雲が多い天気でしょう。九州北部や中国地方など日本海側では晴れ間がありそうです。
6 日(日)から8日(火)は、前線が本州の南に停滞するため、関東から九州にかけての太平洋側を中心に雲が広がりやすいでしょう。九州から近畿の日本海側中心に晴れる所がある見込みです。
沖縄と奄美では、梅雨前線が停滞するため曇りや雨の日が多い予想です。
最高気温は、全国的に平年並みか高い所が多い見込みですが、関東から九州では低い日もあるでしょう。
最低気温は、全国的に平年並みか高く、かなり高くなる所もありますが、近畿から九州では低くなる日がある見込みです。