メイン画像

きょう3日からあす4日、九州は活発な梅雨前線の影響で、雷を伴い局地的に滝のような非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒して下さい。

3日〜4日明け方、局地的に滝のような雨

画像A

九州は、先週後半から梅雨の中休みが続いていましたが、きょう3日は梅雨前線が近づき各地で雨が降っています。
きょうは梅雨前線上に発生する低気圧が、夜にかけて発達しながら朝鮮半島南岸付近を進むでしょう。低気圧や暖湿空気の流れ込みで、次第に梅雨前線の活動が活発化し、前線の南側で雨雲が発達しやすくなる見込みです。そして、あす4日朝にかけて梅雨前線は九州南岸付近まで南下するでしょう。
九州はあす4日にかけて断続的に雨が続き、特にきょう3日昼頃からあす4日明け方は一時滝のような非常に激しい雨やバケツをひっくり返したような激しい雨が降る所があるでしょう。
あす4日明け方までの24時間の雨量は、九州南部や熊本県の多い所では200ミリに達する所もあり、大雨になるおそれがあります。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に注意・警戒して下さい。

いざという時に備える

画像B

24時間の雨量が200ミリを超えると土砂災害の危険が一段と高まります。
また、活発な雨雲が同じような場所に停滞し、激しい雨が降り続くと、短時間で周囲の状況が一変し災害の危険が高まることがあります。
最新の気象情報や周囲の状況をこまめに確認し、危険が高まった時は速やかに避難などの対応ができるように備えておきましょう。