4日(金)にかけて九州から北海道は非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。各地の雨のピークをまとめました。

広く大雨の恐れ

画像A

3日(木)は、前線を伴った低気圧が西日本に近づき、九州から近畿に雨雲がかかっています。活発な雨雲がかかっている所もあり、鹿児島県南種子町の上中などで激しい雨を観測しました。
4日(金)は前線を伴った低気圧が発達しながら日本海を北東へ進む見込みです。また、西日本から東日本の太平洋側にのびる前線上に別の低気圧が発生し、北東へ進むでしょう。これらの低気圧や前線に向かって、雨雲のもととなる暖かく湿った空気が流れ込むため、九州から北海道にかけて、雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降り、大雨となる所がある予想です。
また、北海道では暴風が吹き、大荒れの天気となる恐れもあります。

各地の雨のピークは?

画像B

【九州】4日(金)の午前中にかけてが雨のピークです。局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降るでしょう。警報級の大雨になる恐れがあります。
【中国・四国】3日(木)夜遅くから4日(金)明け方にかけて活発な雨雲がかかり、非常に激しい雨や激しい雨の降る所があるでしょう。
【近畿・東海・関東甲信】4日(金)未明から雨脚が強まるでしょう。近畿は昼過ぎにかけて、東海は夜のはじめ頃にかけて、関東甲信は夕方にかけてが雨のピークとなりそうです。通勤時間帯も局地的に雷を伴った非常に激しい雨や激しい雨が降るでしょう。道路の冠水にも注意が必要です。
【北陸・東北】4日(金)は北陸は昼前後、東北は午後を中心に活発な雨雲や雷雲がかかる予想です。沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。
【北海道】太平洋側や日本海側南部では4日(金)の昼前から5日(土)にかけて局地的に激しい雨が降り、雨量の多くなる所がある見込みです。風が広い範囲で強くなり、海上を中心に非常に強く吹くでしょう。暴風に警戒し、高波にも注意が必要です。

予想雨量

4日(金)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
九州南部:250ミリ
九州北部地方、四国地方、近畿地方:200ミリ
東海地方:180ミリ
北海道地方:150ミリ
中国地方、関東甲信地方、東北地方:120ミリ
北陸地方:100ミリ
その後、5日(土)18時までの24時間に予想される雨量は多い所で
九州南部:100から200ミリ
北海道地方:50から100ミリ
の見込みです。
土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒・注意してください。自治体からだされる避難指示にも注意しましょう。