あす4日、関東は一日を通して雨で、局地的に激しい雨の降る時間があります。また、降り始めからの降水量が多くなる所もあり、大雨に注意・警戒が必要です。

関東は今夜遅くから雨 雨のエリアは次第に広がる

画像A

日本付近には、西から低気圧や前線が近づいていて、西日本ではけさ(3日)から雨が降り始めています。前線は東に進み、雨のエリアはあす(4日)にかけて、東日本や北日本にも広がる見通しです。関東では、早い所では今夜遅い時間から、雨雲がかかり始めるでしょう。降りだしはそれほど強い雨ではありませんが、次第に雨のエリアが広がり、本降りの雨となります。今夜、お帰りが遅くなる方は、雨具が必要です。
あすは、一日を通して雨で、朝の通勤通学の時間帯は、各地で傘が必要です。日中は、発達した雨雲がかかりやすく、カミナリを伴って激しく降る所がありそうです。また、降りだしからの降水量が多くなる所がありそうです。
あす(4日)予想される1時間降水量は、いずれも多い所で、
関東北部、関東南部で30ミリです。
また、あす午後6時までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、
関東北部、関東南部で120ミリとなっています。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒してください。また、最新の気象の情報を確認するようにしてください。

4日(金) 前線通過で雨脚強まる 雨のピークは

画像B

あす(4日)のまとまった雨の原因となるのが、前線の通過、そして前線や低気圧に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込むことです。雨のピークは、前線が通過するタイミングで、昼ごろから夕方にかけてとみられます。短い時間のうちに一気に雨が降って、道路が冠水するようなこともあります。急な強い雨に注意してください。また、沿岸部を中心に風が強まって、横殴りの雨となりそうです。しっかりとした雨具が必要です。
さらに、短時間でザっと降る雨とともに注意が必要なのが、前線通過の前から同じ場所で長い時間降り続く雨です。雨のもととなる暖かく湿った空気が流れ込み続けますので、同じ場所で雨雲が停滞した場合には、大雨となるおそれがあり、注意・警戒が必要です。

関東南部は週末も天気ぐずつく

あす(4日)前線の通過後は、雨はやみますが、その後、前線は関東の南に停滞する予想です。土曜日、日曜日は前線に近い南部では、雲の多い天気となるでしょう。湿度が高く、梅雨のように空気がジメジメとしそうです。一方、北部では、日曜日は晴れ間が戻りそうです。
月曜日以降は、前線は南下し、関東は日差しの出る日が続く見込みです。