きょう4日(金)は全国的に雨。局地的には滝のような「非常に激しい雨」が降るため、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を。北日本では風も強く、荒れた天気に。

大雨のエリア 広がる

画像A

けさ4日(金)は九州から北海道の広い範囲で雨が降っています。九州南部では、鹿児島など24時間で200ミリを超える大雨になっている所もあります。きょうは日本海を進む低気圧や、本州付近にのびる前線に向かって、雨雲のもとになる暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲で大雨となるでしょう。局地的には滝のような「非常に激しい雨」や、バケツをひっくり返したような「激しい雨」が降りそうです。
朝のうちは九州から近畿を中心に発達した雨雲がかかります。昼頃になると東海から北海道に発達した雨雲がかかり、大雨のエリアは次第に東日本・北日本へと移るでしょう。沖縄も夜遅くは雨で、激しく降る所がありそうです。
雨のピークは、九州や中国、四国は朝まで、近畿は昼頃まで、北陸や東海、関東、東北は昼前から昼過ぎ。北海道も昼前から雨脚が強まりますが、太平洋側では夕方以降が雨のピークとなりそうです。また東北や北海道は非常に強い風が吹く所もあり、荒れた天気になるでしょう。

雨・風・波の予想

【予想降水量(多い所)】あす5日(土)午前6時までの24時間
東海 180ミリ
北海道 150ミリ
近畿、関東甲信、東北 120ミリ
九州南部、四国、北陸 100ミリ
土砂災害やアンダーパスなどの低い土地の浸水、川の増水に警戒・注意して下さい。特に九州南部では土砂災害に厳重な警戒が必要です。
【風の予想】きょう4日(金)
最大風速(最大瞬間風速)
東北、北海道 23メートル(35メートル)
【波の高さ】あす5日(土)にかけて
北海道 6メートル
東北 5メートル
暴風や高波に警戒して下さい。

画像C

画像D

暑さは収まる

画像E

最高気温はきのうより低い所がほとんど。沖縄を除いては、暑さは収まるでしょう。
九州から関東は23度前後の所が多く、暑さは一段落。東北や北海道は、きのう3日(木)より大幅ダウンの所もありそうです。きのう最高気温が30度以上の真夏日になった秋田も10度ほど低くなり、20度くらい。新潟は23度と、この時期らしい気温になるでしょう。
きのう半袖過ごされた方も、きょうは長袖か、薄手の羽織るものがあった方がよさそうです。気温差で体調を崩さないよう、服装で調節をして下さい。