九州は、週末にかけて湿った空気の流れ込みで大気の状態が不安定となり、局地的に大雨のおそれもあります。雨の降り方にご注意下さい。また、湿度が高くなり、蒸し暑さがでてくる見込みです。

11日 九州北部で一時激しい雨

画像A

きょう11日、九州は高気圧の周辺部となっています。朝鮮半島付近にある低気圧が次第に日本海西部へ進むため、九州付近は南から湿った空気の流れ込みが強まり、大気の状態が不安定です。
九州北部は西からまとまった雨雲が近づき、昼前から所々で雨が降り出しています。
午後は各地で雨が降り、九州北部付近は活発な雨雲もかかり、雷を伴い一時バケツをひっくり返したような激しい雨が降る所があるでしょう。
きょうの九州は梅雨空が戻り、最高気温は各地で30度を下回り、きのうまでの厳しい暑さは収まりますが、湿度が高くなり蒸し暑さがでてくる見込みです。

週末にかけて大気不安定

画像B

週末にかけても、九州は大気の不安定な状態が続きます。
あす12日は、九州南岸付近に梅雨前線が延びる見込みです。前線に近い九州南部を中心に発達した雨雲が発生しやすく、雷を伴い局地的に激しく降るでしょう。13日(日)にかけても、九州は前線や湿った空気の影響を受けて、曇りや雨の梅雨空が続く見込みです。
週末は局地的に雨量が多くなり大雨になるおそれもあります。雨の降り方に注意・警戒して下さい。