この先2週間の天気と遅れている関東甲信や北陸、東北の梅雨入りの見通しです。梅雨前線は今週半ばまでは日本の南に停滞するでしょう。ただ、大気の状態が不安定で本州付近も所々で雨や雷雨になりそうです。

14日(月)〜20日(日)

週前半にかけて梅雨前線は沖縄付近に停滞するでしょう。このため、沖縄は梅雨空が続く見込みです。
九州から東海は17日(木)頃までは晴れ間がでますが、湿った空気の影響で雲が多く、雨の降る所もあるでしょう。関東や東北は16日(水)頃まで大気の状態が不安定で、雨や雷雨になりそうです。北海道の天気は短い周期で変わる見込みです。19日(土)以降は次第に前線が本州付近に延びてくるでしょう。全国的に雨が降り、西日本を中心に雨脚の強まる所もありそうです。
最高気温は平年並みか高い日が多いでしょう。関東から西では25℃以上で、那覇だけでなく、大阪や名古屋で真夏日の日も。蒸し暑い日が多くなりそうです。

21日(月)〜26日(土)

画像B

沖縄は25日(金)以降は晴れるでしょう。九州から東北にかけては21日(月)以降は広く雨の降る日が多くなりそうです。北海道は23日(水)以降は晴れるでしょう。
最高気温は平年並みの日が多くなりそうです。最低気温があまり下がらず、那覇だけでなく、大阪や名古屋で熱帯夜(夜間の気温が25℃以上)の日も。寝苦しい夜になる日もありそうです。夜間の熱中症にもお気をつけください。

異例の梅雨入り 関東甲信〜東北はどうなる?

画像C

九州から東海にかけては5月の半ばという異例の早い梅雨入りとなりましたが、関東甲信は未だ梅雨入りしていません。
すでに関東甲信の梅雨入りは平年(6月7日ごろ)より遅れていますが、雨や雷雨が予想される13日(日)や14日(月)が一つのタイミングとなるでしょう。梅雨前線による雨ではありませんが、気象庁は「今までの天候と、その先1週間の予報をもとに、雨や曇りの日が多くなり始める頃を梅雨入り」としていますので、このタイミングでの梅雨入りの可能性があります。さらに、20日(日)以降になると雨マークが並ぶようになり、本格的な雨の季節を迎えそうです。北陸も同じタイミングで梅雨入りする可能性があります。東北では週末以降は雨が降る日が多くなり、梅雨を迎える可能性が高くなります。
一方、本州付近で梅雨が本格化すると、沖縄では夏空が広がるようになります。今年も6月下旬には梅雨明けとなる見通しです。