きょう14日(月)も大気の状態が不安定。局地的に激しい雨が降り、道路が川のようになるおそれも。落雷や突風にもご注意下さい。

落雷や突風、ヒョウに注意

画像A

けさ14日(月)午前6時30分現在、中国・四国から関東の所々で雨が降っています。また沖縄周辺には梅雨前線が停滞していて、発達した雨雲がかかっています。昼頃になると、さらに雨の降り方が強まるでしょう。
きょうも上空に寒気を伴った気圧の谷の影響で、広い範囲で大気の状態が不安定。局地的にカミナリを伴った激しい雨が降るでしょう。激しい雨は、アッという間に道路が川のようになるほどの降り方です。また落雷や突風、ヒョウが降るおそれもあります。
九州から東海は、雨が降るときにはザッと雨脚が強まり、降る時間は比較的短くなりそうです。ただ関東甲信や北陸は、ほぼ一日を通して雨が降ったりやんだりでしょう。また東北や北海道は晴れていても、急に強い雨が降るため、空模様の変化に注意が必要です。

画像B

広く夏日 ムシムシ

画像C

きょう14日(月)も夏日の所が多く、ムシムシしそうです。
最高気温は、沖縄や九州から東海では27度前後の所が多く、蒸し暑さが続きそうです。九州は日差しによる暑さも加わるでしょう。北陸や関東甲信は25度前後の所が多い見込みです。東京は25度と、きのうより3度ほど低くなるでしょう。日中の暑さは和らぎますが、ムシムシと感じられそうです。東北と北海道は、晴れて気温が上がります。北海道の真夏のような暑さは収まりますが、それでも7月並みの暑さの所が多くなるため、体調管理にご注意下さい。