16日(水)までは、急な雨や雷雨に注意。きょう梅雨入りした関東甲信も、週末からは雨が続きそう。

水曜まで 急な雨や雷雨に注意

画像A

16日(水)までは寒気や気圧の谷の影響で、大気の不安定な状態が続くでしょう。午後を中心に所々で急な雨や雷雨がありそうです。
九州から北海道の所々で雨雲が湧いて、ザッと雨脚が強まるでしょう。気温が上がる午後ほど、上空との気温差が大きくなり、雨雲が発達しやすくなります。日差しがあっても、天気の急な変化に注意。カミナリの音が聞こえる、黒い雲が近づいてくる、急に冷たい風が吹いてきたら、建物の中などに入るようにして下さい。

週の後半 梅雨前線が本州付近に

梅雨前線は17日(木)頃までは沖縄付近に停滞する予想です。沖縄は前線周辺の発達した雨雲がかかり、雨の降り方が強まる所もあるでしょう。
週の後半は、梅雨前線が本州付近に北上。18日(金)は西から天気が下り坂で、19日(土)〜20日(日)にかけては東北まで広く雨が降るでしょう。低気圧の影響で雨や風が強まりそうです。21日(月)以降は、梅雨前線が本州に近い所で停滞するため、九州から関東、東北で雨が降りやすく、ムシムシするでしょう。
きょう14日(月)、平年より遅い梅雨入りとなった関東甲信は、週末からは雨の日が続くようになります。北陸や東北も、そろそろ雨の季節を迎えるでしょう。ハザードマップを確認するなど、大雨への備えをして下さい。