あす16日も、関東では所々で雨や雷雨に。局地的に道路が川のようになるほど激しく降りそう。真っ黒い雲が近づいて、急に冷たい風が吹いてきたときは、激しい雨や竜巻などの突風に注意を。

あす16日も急な雨や落雷に注意

画像A

あす16日も、大気の不安定な状態が続く見込みです。このため、関東地方はあちらこちらでにわか雨があり、局地的に雷を伴って、傘をさしても濡れるほど激しく降るでしょう。山沿いだけでなく、都市部でも短い時間に激しい雨の降る可能性があります。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に注意・警戒して下さい。
ひょうが降ることもありますので、ビニールハウスなど、農業施設の管理にも注意が必要です。

積乱雲が発達する前兆とは?

画像B

急な激しい雨や落雷は発達した積乱雲が引き起こす現象です。「真っ黒な雲が近づいてきた」「ゴロゴロと雷の音が聞こえてきた」「急に冷たい風が吹いてきた」などの変化を感じたら、発達した積乱雲が近づいているサインです。
気象レーダーで雨雲の様子をチェックするなど、最新の気象情報を確認してください。
このような空の変化に気づいたら、すぐに安全な建物に避難することが大切です。雨宿りをする際は、地下街などではなく、建物の1階以上の場所を選びましょう。また、車の運転される際は、なるべく低い所を通る道路を避けるように心がけてください。