きょう16日(水)、梅雨前線や低気圧に伴う雨雲やカミナリ雲が九州から近畿に。東海から東北も大気の不安定な状態が続き、急に降ってくる激しい雨や雷雨に注意が必要。

16日(水) 各地の天気 大気の不安定な状態 続く

きょう16日(水)、梅雨前線や低気圧に伴う雨雲やカミナリ雲が九州から近畿に。東海や北陸、関東は湿った空気や上空の寒気の影響で曇りや雨で、雷雨も。日差しのある東北も、上空に寒気が居座り、大気の状態は不安定です。
【各地の天気】
沖縄は晴れるでしょう。
奄美と種子島・屋久島地方は、きょうも雨や雷雨で、昼前にかけては滝のような非常に激しい雨の降る所がありそうです。引き続き、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒が必要です。
九州や中国、四国は昼頃にかけても広く雨で、カミナリを伴い雨脚の強まる所があるでしょう。夕方以降は、雨がやんできそうです。
近畿は断続的に雨で、昼頃からは雷雨になる所がありそうです。
東海や北陸、関東甲信も雲が多く、ときおりザッと雨が降ります。午前よりも午後の方が雨の所が増えて、雨の降り方が急に激しくなったり、落雷や突風が発生したりするおそれがあります。
東北は日本海側を中心に晴れ間が広がるでしょう。ただ、きょうもあちらこちらで雨雲やカミナリ雲が湧いてきます。黒い雲が近づく、ヒンヤリした風が強まる、ゴロゴロという音が聴こえてくる、といった天気急変のサインに気を配ってください。道路が冠水するほどの、激しい雨の降る所もあるでしょう。
北海道は朝のうちは曇りや雨でも天気は回復へ。日中はおおむね晴れて、にわか雨もほとんどないでしょう。

日中の気温 北の地域ほどきのうより上昇

画像B

最高気温は、沖縄はきのうと同じくらいで、30度前後でしょう。
九州から東海、北陸、関東にかけては25度前後の所がほとんど。きのうほどは上がらないでしょう。ただ、湿度が高く、蒸し暑く感じられそうです。
東北は、太平洋側は23度から25度くらいの所が多いでしょう。日本海側では内陸を中心に28度前後まで上がる所もあり、きのうよりも暑くなります。体調を崩さないよう、こまめな水分補給を心がけてください。
北海道も暑さ対策が欠かせません。きのうより高くなり、札幌をはじめ南西部や北部では25度を超える所が多くなるでしょう。