前線は、今週末にかけて南西諸島付近に停滞し、沖縄や奄美では大雨の恐れがあります。来週は前線が北上し、九州から関東を中心に雨が降る日が続くでしょう。沖縄の梅雨明けの見通しは?

17日も局地的に雨や雷雨 18日〜19日は広く雨

17日は、本州付近は、上空の寒気を伴った気圧の谷の影響を受けるでしょう。北陸や東海付近を中心に、大気の状態が不安定になる見込みです。晴れ間が出る所がありますが、関東では、雨が降ったり止んだりでしょう。北陸や東海は、午後は所々で雨が降り、雷が鳴る見込みです。四国や九州も、夕方以降はにわか雨があるでしょう。
18日から19日にかけては、日本付近に気圧の谷が近づく見込みです。18日は、九州から近畿を中心に、19日は近畿から北海道を中心に雨が降るでしょう。本降りになることもありそうです。

17日〜19日 沖縄や奄美は前線の影響で大雨か

17日から19日にかけて、前線は南西諸島付近に停滞するでしょう。前線の活動が活発になり、沖縄や奄美では、大雨になる恐れがあります。

20日〜21日 前線は南西諸島付近に停滞

20日から21日にかけても、前線は南西諸島付近に停滞する見込みです。沖縄や奄美は、曇りや雨の日が続くでしょう。九州から東北は、晴れ間が出る所が多い見込みです。北海道には、雨雲がかかるでしょう。

22日〜26日ごろ 前線は本州付近に 九州〜関東を中心に雨

22日は、本州の南で太平洋高気圧が北へ張り出しを強めるでしょう。前線は次第に北上する見込みです。前線は、26日ごろにかけて、本州付近に停滞するでしょう。九州から関東を中心に、曇りや雨の日が続く見込みです。太平洋側では、発達した雨雲がかかることもあるでしょう。

沖縄の梅雨明けどうなる?

画像E

平年の梅雨明けは、沖縄は6月21日ごろ、奄美は6月29日ごろです。沖縄や奄美に本格的な夏をもたらす太平洋高気圧は22日以降も弱いでしょう。
22日から26日ごろにかけて、南西諸島付近に湿った空気が流れ込む見込みです。沖縄や奄美では、曇りや雨の日が続くでしょう。沖縄の梅雨明けは、平年より遅れる可能性があり、降り続く雨で、雨量が多くなることも考えられます。
この予報は、16日の資料をもとに作成しています。先の予報ほど、大きな幅があります。今後、最新の気象情報をご確認下さい。