きょう22日(火)も蒸し暑さが続きそう。晴れていても、午後は天気の急変に注意。落雷や突風、ヒョウが降るおそれもあります。

北陸・東北を中心に雨雲発達

画像A

きょう22日(火)は、北日本を中心に上空には冷たい空気・寒気が流れこみ、雨雲が発達しやすい状態になるでしょう。晴れていても空模様の変化には注意が必要です。
九州から関東は、昼過ぎから山沿いを中心に局地的に雨雲が湧くでしょう。カミナリを伴ってザッと雨脚が強まることもありそうです。日差しもあるため、きょうは晴雨兼用の傘が良いでしょう。
北陸や東北は、昼頃から雨の範囲が次第に広がりそうです。あちらこちらで雷雨となり、新潟県を中心に激しい雨が降る所もあるでしょう。落雷や突風、ヒョウにもご注意下さい。北海道も一部でにわか雨がありそうです。

沖縄 梅雨末期の大雨

梅雨前線が停滞している沖縄周辺では、雨雲が発達しています。久米島では午前3時16分までの1時間に55.0ミリの非常に激しい雨が降りました。
沖縄は、きょうも雨が降り続くでしょう。カミナリを伴って雨脚が強まり、激しい雨が降る所もありそうです。梅雨末期の大雨に注意して下さい。

西日本を中心に真夏日

画像C

最高気温はきのうと同じくらいの所が多く、暑さが続くでしょう。
西日本を中心に、30度以上の真夏日になる所もありそうです。広島は31度で、7月中旬並み。体にこたえる暑さが続くでしょう。北陸はきのうより5度ほど低い所もありますが、広く25度以上の夏日。東北北部や北海道は、きのうより5度ほど高い所が多く、少し動くと汗ばむくらいになりそうです。
夏至の頃は晴れれば日差しが強く、気温がぐんぐん上がります。こまめに水分をとって、風通しを良くするなど、熱中症対策を万全にして下さい。