28日(月)は西から天気が崩れます。沖縄と九州南部では昼頃まで局地的に激しく降りそうです。夜遅くには次第に東海や関東甲信まで雨の範囲が広がるでしょう。

梅雨前線や低気圧の影響を受ける

画像A

きょう28日(月)は、梅雨前線が九州の南から日本の東に停滞し、前線上の低気圧が東に進む見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発になりそうです。

次第に雨の範囲が広がる

画像B

沖縄と九州南部は雨が断続的に降り、昼頃まで局地的に激しい雨や雷雨となりそうです。九州北部は雲が広がりやすく、雨や雷雨の所があるでしょう。四国も午後は次第に雨が降り、雷を伴う所がありそうです。中国地方も雲が広がるでしょう。午後は大気の状態が不安定で、急な激しい雨の降る所がありそうです。近畿も夜は広く雨が降る見込みです。東海も雲に覆われるでしょう。午後は山沿いで急な雨や雷雨の所がありそうです。夜は各地で雨が降るでしょう。関東甲信は午前中は大体晴れますが、夜は南部を中心に雨が降る見込みです。北陸も午前中は晴れ間が出ますが、午後は急な激しい雨や雷雨の所がありそうです。東北は日中は晴れる所が多いでしょう。午後はにわか雨の所がありそうです。北海道も晴れますが、午後は局地的に雷を伴って激しく降りそうです。

東北や北海道では真夏並みの暑さの所も

最高気温は沖縄と九州から関東甲信は平年並みか低い所が多いでしょう。それでも30度くらいまで上がり、ムシムシとした暑さになりそうです。東北と北海道は平年より高く、強い日差しが照り付けて厳しい暑さとなるでしょう。真夏並みの暑さになる所もありそうです。気温だけでなく、湿度が高いと熱中症の危険がより高まります。こまめに水分補給をして、熱中症にならないようにご注意下さい。