あす29日(火)の昼頃にかけて、前線上の低気圧が本州の南を東進。局地的に激しい雨。東海や関東は明け方が雨のピークに。

発達した雨雲 東へ

画像A

あす29日(火)午前9時には、低気圧が関東沖へ。また梅雨前線が東海や関東付近まで北上する予想です。きょう28日(月)は、沖縄や奄美地方で1時間に30ミリ以上の激しい雨の降った所がありましたが、あす29日(火)の朝にかけては、発達した雨雲が東へと移ります。発達した雨雲は海上が中心ですが、低気圧が近づくタイミングで、雷を伴った激しい雨の降る所があるでしょう。
中国、四国、近畿は、あす(29日)明け方まで雨。東海や関東は今夜(28日)から雨が降り出し、沿岸部ではあす(29日)の明け方・午前3時頃〜6時頃にかけて雨のピークとなりそうです。道路が川のようになるほどの激しい雨の降る所も。雨脚の強まる時間は長くはありませんが、アンダーパスなど低い土地の浸水に注意が必要です。北陸も局地的にザッと強く降り、あす(29日)は午前中を中心に広く雨が降るでしょう。

寒気流入 午後も雨雲発達

雨を降らせる原因は、低気圧や前線だけではありません。あす29日(火)も上空には、この時期としては冷たい空気(上空5500メートル付近、ー9度以下の寒気)が西日本まで流れ込む予想です。日中は気温が上がるため、午後ほど大気の状態が不安定となり、雨雲が湧きやすいでしょう。
九州から近畿はいったん天気が回復しても、午後は急な雨に注意が必要です。また東北や北海道も所々で雨が降り、雷が鳴ったり、ザッと強く降ったりするでしょう。
今年の梅雨は長雨というより、夏のゲリラ豪雨のような局地的な大雨が頻発しています。ただ梅雨の最盛期を迎える九州から関東は、7月2日(金)頃に大雨となるおそれがあります。今後の情報にご注意下さい。