きょう29日(火)、沖縄には引き続き梅雨前線に伴う活発な雨雲や雷雲がかかる。九州から北海道にかけても、大気の状態が不安定。晴れる所も急な強い雨や雷雨に注意が必要。

梅雨前線が沖縄付近から本州の南に 前線から遠い地域も大気不安定

画像A

図は、今朝の雨雲や雷雲のようすです。
梅雨前線や湿った空気の影響を受ける沖縄では、昨夜から同じような所に活発な雨雲がかかり続けています。
粟国村(あぐにそん)で、きょうの午前4時までのわずか6時間に、およそ250ミリもの雨が一気に降るなど、本島地方では短い時間で集中的に大雨が降り、地盤がかなり緩んでいる所や、増水している川があります。沖縄は、このあとも本島地方を中心に雨。特に午前中は非常に激しく降る所があり、土砂災害、川の増水や氾濫、低い土地の浸水に厳重な警戒が必要です。午後は雨の降り方が少しずつ落ち着く見込みですが、それでも、災害発生の危険性がありますので、気象情報や避難に関する情報に留意しつつ、慎重な行動を心がけてください。
そのほかの各地も、湿った空気や、上空に流れ込んでいる冷たい空気などの影響で、大気の状態は不安定です。
九州や中国、四国、近畿は晴れ間が広がりますが、昼頃からはにわか雨や雷雨の可能性があります。
東海、北陸、関東は、午前9時頃までは、南に延びる梅雨前線や低気圧の影響で広く雨。昼前には、まとまった雨雲が離れて日の差すこともありますが、天気が変わりやすく、新たに所々で雨雲や雷雲が湧いてくるでしょう。
東北は、南部は午前を中心に雨で、午後は北部もザッと雨の降る所や雷雨になる所がありそうです。
北海道は昼前まではおおむね晴れ。昼過ぎからは北部を中心に突然の激しい雨や雷雨に注意が必要です。

最高気温 平年並みか高い所がほとんど 北海道は真夏日の続く所も

画像B

沖縄や九州から近畿、東海は、きょうも28度から30度くらいの予想です。
北陸と関東は25度前後でしょう。きのうに比べると低くなりますが、湿度は高く、ムシムシします。
東北は、太平洋沿岸の地域は22度前後で、昼間も長袖で良さそうです。太平洋側の内陸部や日本海側は25度くらいの所が多いでしょう。
北海道は、きょうも日本海側を中心に25度を超える所が多く、旭川など内陸部では30度以上の真夏日の所がありそうです。
こまめに水分を摂るなど、熱中症対策を心がけてください。