東北地方の2週間天気では、梅雨らしく曇りや雨の日が多いでしょう。週の前半は、前線の位置や低気圧の進路次第では、雨量が多くなるおそれがあります。後半も雨の強まるタイミングがあるため、大雨への備えは早めに済ませるようにしましょう。

4日(日)〜6日(火) 広く雨 雨量が多くなるおそれも

画像A

東北地方の2週間天気・前半のポイントは、4日(日)〜6日(火)になりそうです。前線や湿った空気の影響で、広い範囲で雨が降るでしょう。梅雨前線上に発生する低気圧が通過するタイミングでは、雨脚の強まる可能性があります。雨量が多くなるおそれもありますので、最新の予報をこまめに確認して下さい。

8日(木)〜13日(火) 広い範囲で雨の降りやすい天気が続く

画像B

続いて2週間天気・後半です。8日(木)〜13日(火)は、広い範囲で雨の降りやすい天気が続くでしょう。梅雨前線が本州付近に停滞し活動が活発になると、大雨になるおそれがあります。今後の情報に注意し、大雨への備えをしっかりと行うようにして下さい。

備えあれば患いなし 日頃からできる備え

画像C

【避難経路の確認】
地震時は、自宅から避難所までの道のりは、普段とは違い通行できない場合もあります。実際に歩いてみるなど危険個所を把握し、安全なルートを確認しておきましょう。

画像D

【備蓄品を備える 非常持ち出し品の準備】
目安として最低限3日間程度の水や食料品は備蓄しましょう。家族構成、住居や地域の特性によって必要となるものは異なります。ポイントは、自分や家族にとって本当に必要なものをカスタマイズすること。非常持ち出し品は、備蓄品の中から、避難生活に必要なものを選ぶとよさそうです。