7月に入り、九州、四国から関東、東北では梅雨が本格化。この先も、梅雨前線の影響で曇りや雨の日が多い予想。大雨による土砂災害などに注意警戒を。北海道は週末は晴れる所が多い予想だが、週明けから雲が広がる日も。沖縄では本格的な夏が到来で、晴れの日が続き、日中は強い日ざしが照りつける。蒸し暑い所が多く、熱中症に注意警戒を。

あす3日の天気 関東など激しい雨続く 土砂災害警戒

北海道は晴れる所がありますが、雲が多く、昼頃から雨や雷雨の所があるでしょう。東北は日中は晴れる所が多くなりますが、夜にかけて雨の降る所が多いでしょう。
関東甲信と東海は雨で、激しい雨の降る所がある見込みです。カミナリが鳴る所もあるでしょう。北陸は雲の多い天気で、所々で雨や雷雨があるでしょう。
近畿と中国四国、九州は曇りや雨の梅雨空で、雷雨や激しい雨の降る所がある見込みです。
沖縄は、朝から強い夏の日ざしが照りつけるでしょう。

あさってから 九州から本州は梅雨空が続く

あさって4日(日)からは、北海道は晴れる日もありますが、気圧の谷の影響で雲が広がる日もあるでしょう。
東北から関東と四国、九州にかけては、曇りや雨の日が続く見込みです。
関東から九州にかけての太平洋側では4日にかけて、北海道から九州にかけての日本海側では4日から5日(月)にかけて、梅雨前線の活動の程度によって大雨となるおそれがあります。
鹿児島県奄美地方では、晴れる日が多くなりそうで、本格的な夏が近づくでしょう。
沖縄では、夏空が続くでしょう。

この先の気温 蒸し暑さがアップ

最高気温は、北海道と東北は平年並みか高い見込みですが、週明け頃に平年より低くなる所があるでしょう。
関東甲信から沖縄・奄美にかけては、平年並みか低い見込みです。
最低気温は、全国的に平年並みか高い日が多くなるでしょう。
平年の気温が上昇する時期です。平年並みまたは低いからといっても、湿気が多い日は熱中症のリスクが高まりますので、ご注意ください。