メイン画像

この先、梅雨前線の活動が弱まり、本州付近には太平洋高気圧が張り出す見込みです。晴れ間のでる日が多くなりますが、午後は連日、にわか雨や雷雨となりそうです。天気の急変に注意が必要です。

あす12日

画像A

あす12日(月)は、梅雨前線の活動は弱まるものの、上空の冷たい空気の影響で大気の状態は不安定です。
九州から関東甲信、東北の太平洋側は、日の差す時間もありますが、昼頃からは雨や雷雨になるでしょう。関東北部など、内陸では局地的に非常に激しい雨が降りそうです。落雷や竜巻などの突風、ひょうなどにご注意ください。雨の降り方は、これまでの広い範囲で長く降り続く雨から、短い時間にザッと降る雨へと変わりそうです。
北陸と東北の日本海側は断続的に雨や雷雨で、所々で激しく降るでしょう。北海道も晴れ間がありますが、午後は一部で雷雨になりそうです。沖縄は夏空が続く見込みです。
最高気温は沖縄、九州から関東は、広く30度以上の真夏日が予想されています。湿度が高く、蒸し暑いでしょう。東北と北海道も30度近くまで上がりそうです。

13日以降 午後は連日にわか雨や雷雨に

画像B

あさって13日(火)は、晴れ間の広がる所が多いでしょう。東京や仙台には、曇りや雨のマークがついていますが、午前中は日の差す時間もありそうです。その後も晴れマークの日が多くなるため、週明けにはまだ梅雨明けしていない地域でも、梅雨明けの発表があるかもしれません。ただ、16日(金)ごろにかけては上空に冷たい空気や気圧の谷の影響を受けやすく、午後は連日にわか雨や雷雨となりそうです。仮に梅雨明けの発表があったとしても、「梅雨明け十日」といった安定した晴天ではなく、不安定な夏空となりそうです。
最高気温は、沖縄、九州から関東では、30度くらいまで上がる日が多いでしょう。内陸では、猛暑日に迫る暑さとなる所もありそうです。なお、17日(土)と18日(日)は、東北や北海道でも30度を超える所が多く、厳しい暑さが予想されます。こまめな水分補給に加えて、適切に冷房を使用するなど、熱中症対策を心がけてください。