この先も梅雨前線が本州付近に停滞し、九州から東北にかけて雨の降る日が多いでしょう。特にあす5日(月)にかけて梅雨前線の活動の活発な状態が続き、日本海側を中心に大雨に警戒が必要です。また、7日(水)頃も北陸を中心に大雨の恐れがあります。

あす5日(月) 日本海側を中心に大雨に警戒

画像A

あす5日(月)にかけて梅雨前線の活動の活発な状態が続き、前線上の低気圧が日本海を東よりに進む見込みです。このため、広い範囲で雨が降り、九州北部から東海、北陸は午前中は所々で激しい雨や雷雨がありそうです。日本海側を中心に局地的には滝のような雨が降って、大雨になる恐れがあります。雨のピークが朝の通勤、通学の時間帯と重なり、交通機関への影響が懸念されます。車の運転はアンダーパスなど低い道路の冠水に注意が必要です。太平洋側では記録的な大雨となった東海や関東を中心に土砂災害の危険性が高い状態が続きます。引き続き、厳重に警戒してください。

あさって6日(火)以降 7日(水)頃は北陸を中心に大雨の恐れ

画像B

あさって6日(火)は梅雨前線の活動がいったん弱まる見込みです。九州から東北は曇りや雨の所が多くなりますが、太平洋側を中心に薄日が差すこともありそうです。7日(水)は梅雨前線上に発生する新たな低気圧が日本海を東よりに進むでしょう。広く雨が降り、前線の活動や低気圧の発達の程度によっては北陸を中心に大雨になる恐れがあります。8日(木)以降も梅雨前線は本州付近に停滞し、九州から東北は雨の降る所が多いでしょう。この先も、梅雨前線に向かって南から暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化しやすい状況が続く見込みです。今後も最新の気象情報にご留意ください。
一方、北海道は雲が広がりやすいものの、晴れ間の出る日もあるでしょう。
梅雨明けの発表があった沖縄、奄美では、強い日差しの照り付ける日が多く、厳しい暑さが続く見込みです。

気温 日中はかなり蒸し暑い

最高気温は平年並みか高い日がほとんどで、関東から九州、沖縄は30度くらいまで上がる日が多いでしょう。湿度が高めで、日中はかなり蒸し暑く感じられそうです。体調を崩さないように、こまめな水分補給を心がけてください。