九州、四国と本州各地では、まだまだ梅雨空。気温が高く湿気が多い日には、熱中症に注意警戒。北海道も雲が広がりやすい。沖縄と奄美では夏空が続く。

あす 九州、四国と本州各地は梅雨空

北海道は低気圧の影響で曇りや雨の所が多いでしょう。昼頃まではカミナリを伴うことや激しい雨の降ることがある見込みです。
梅雨前線の影響で、本州各地と四国は梅雨空が続くでしょう。東海では雷雨や激しい雨の降ることがあり、近畿から四国ではカミナリが鳴る所があるでしょう。
九州では南部を中心に晴れる所がありますが、北部ほどは曇りや雨の所が多い見込みで、九州各地で雷雨になることがあるでしょう。
沖縄と奄美では夏空で、日中は強烈な日差しが照りつける見込みです。
最高気温は、北海道では25℃を下回る所が多くなりますが、東北から九州、沖縄にかけては25℃以上の夏日や30℃以上の真夏日になるでしょう。35℃以上の猛暑日に迫る所がありそうです。

あさってから 梅雨前線 本州停滞続く

梅雨前線が本州付近に停滞する日が続くでしょう。
九州、四国から東北にかけて、曇りや雨の日が多い見込みです。梅雨の晴れ間が出る日がありますが、長くは続かないでしょう。
北海道は、道東を中心に曇り空の日が続く見込みですが、道北、道央を中心に晴れ間の出る所があるでしょう。
沖縄と奄美では夏空の日が続く見込みです。
最高気温と最低気温はともに、北海道から九州は、平年並みか高い所が多いでしょう。
沖縄と奄美は、平年並みか低い日が多い予想です。