あす7日は梅雨前線の活動が活発になり、日本海側を中心に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る所がある見込みです。特に、未明から朝にかけて雨の降り方に警戒が必要です。

7日 日本海側を中心に道路の冠水のなどに注意

きょう6日は、北陸を中心に雨が降っています。降り方は小康状態ですが、北陸の山沿いでは土砂災害の危険度が高めの所があります。今夜遅くからは次第に梅雨前線の活動が活発になる見込みです。
あす7日は日本海側を中心に前線の発達した雨雲がかかり、特に北陸や山陰では未明から朝にかけてをピークに、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る恐れがあります。非常に激しい雨が降ると道路が冠水したり、川が急に増水することがあります。夜遅い時間に雨が強まりますので、雨の降り方に注意し、自治体からの情報なども確認するようにしてください。
7日午後6時までに予想される24時間雨量は、多いところで中国地方で200ミリ、北陸や九州北部地方で150ミリなどとなっていて、その後もさらに雨量は増える見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水などに警戒してください。

画像B