メイン画像

活動が活発な梅雨前線に伴う発達した雨雲が山陰や近畿を中心に次々と流れ込んでいます。8日(木)にかけても中国や近畿、東海を中心に非常に激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。

8日(木)も大雨の恐れ

梅雨の最盛期に入り、先週は東海や関東など太平洋側を中心に、今週は山陰など日本海側を中心に記録的な大雨となっています。
8日(木)にかけても活動が活発な梅雨前線の影響で、九州から関東にかけて広く雨が降るでしょう。特に、中国や近畿、東海を中心に発達した雨雲がかかり、局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降りそうです。
8日(木)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で中国地方で200ミリ、近畿地方で150ミリ、九州北部地方で120ミリ、北陸地方、東海地方で100ミリです、その後、9日(金)18時までの24時間に予想される雨量は、多い所で九州北部地方で100から150ミリ、中国地方、近畿地方、北陸地方、東海地方で50から100ミリです。
これまでの記録的な大雨で、すでに地盤の緩んでいる所があります。さらに雨量が増える予想で、土砂災害に厳重な警戒が必要です。低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも厳重に警戒してください。

今回の大雨いつまで続く?

画像B

その後も10日(土)頃にかけて本州付近に梅雨前線が停滞するでしょう。九州北部から北陸を中心に、断続的に発達した雨雲がかかりやすく、大雨となりやすい状況が続きます。
太平洋側も油断はできません。九州南部から関東でも雨脚が強まり、雨量が多くなる可能性があります。熱海市周辺などでは少しの雨でも土砂災害の危険度が高まります。二次災害に警戒が必要です。
来週になると一旦、梅雨前線の活動は弱まる見込みです。ただ、湿った空気の影響で雨が降りやすく、梅雨明けはまだ先となりそうです。