10日(土)と11日(日)も梅雨前線が停滞。引き続き、日本海側を中心に大雨による災害に警戒。その先、夏の高気圧の力が次第に強まり、前線が離れる。ただ、大気の状態は不安定。

10日(土)と11日(日) 引き続き 梅雨前線が本州付近に

画像A

梅雨前線が本州付近に停滞。前線に向かうように、雨雲の元となる湿った空気が続々と流れ込みます。
あす10日と11日(午前が中心)も、九州から東北にかけて日本海側を中心に雨が降ったりやんだり。
特に、九州から東海、北陸周辺では激しく降る所があるでしょう。これまでの大雨で地盤の緩んでいる所や増水している川があります。現時点ではそれほど雨量が多くない所でも、今後、激しい雨が集中的に降るなどして災害の危険度が高まる可能性があります。
雨の降り方や、最新の気象情報、避難に関する情報を、十分にご確認ください。気象庁のHPにある「キキクル(危険度分布)」等で、お住まいの地域の災害発生の危険度を知ることも大切です。

12日(月)以降 梅雨前線が次第に離れる

画像B

来週には夏の太平洋高気圧が勢力を強め、前線が日本から離れるでしょう。
梅雨明けの発表される地域もありそうです。
ただ、それでも傘マークが目立ちます。
12日(月)と13日(火)は、地上付近が蒸し暑い空気に覆われる一方、上空に冷たい空気が流れ込み、大気の状態が不安定。天気が変わりやすくなりそうです。晴れ間も出ますが「東北〜東海」を中心ににわか雨や雷雨があるでしょう。
14日(水)以降は、冷たい空気は離れますが、太平洋高気圧からの蒸し暑い空気が流入。太平洋側の地域ほど雨雲が湧きやすくなりそうです。
気温は全国的に平年並みか高く、東海以西では連日のように30度を超える予想。万全の熱中症対策が必要になりそうです。