メイン画像

12日(月)までは梅雨前線が本州付近に停滞し、大気の不安定な状態が続くでしょう。13日(火)以降は盛夏をもたらす太平洋高気圧が勢力を強めそうです。

梅雨明けは?

画像A

7月に入ってから日本列島は梅雨の最盛期、梅雨の末期を迎え、東海や関東、中国地方に続き、九州でも記録的な大雨に見舞われました。
12日(月)にかけても梅雨前線は本州付近に停滞し、大気の不安定な状態が続くでしょう。ただ、13日(火)以降は盛夏をもたらす太平洋高気圧が勢力を強める予想です。梅雨前線はグッと北上し、九州から東北で次第に梅雨明けとなる可能性があります。梅雨明けは平年より早い、または平年並みとなり、平年に比べ遅くなることはなさそうです。

12日(月)〜18日(日)の天気 晴れマークも

画像B

九州から東北で雨マークはあるものの、13日(火)以降はこれまでのように広範囲で長く雨が降り続くことはないでしょう。湿った空気や上空の寒気の影響で所々でにわか雨や雷雨がありますが、晴れる日が増えてきそうです。北海道はおおむね晴れるでしょう。
最高気温は、沖縄や九州から関東は30℃くらいまで上がる日が続き、蒸し暑いでしょう。東北や北海道でも17日(土)、18日(日)は真夏日になる所がありそうです。暑さ対策をしっかりとなさってください。

19日(月)〜24日(土) 厳しい暑さの到来

画像C

19日(月)以降は本州付近で夏空の広がる日が多くなるでしょう。引き続き、急な雨や雷雨には注意が必要です。沖縄や九州は湿った空気の影響で曇りや雨の日が多いでしょう。
最高気温は広く30℃以上となり、名古屋では35℃以上の猛暑日となる日が多くなりそうです。仙台や札幌でも30℃以上の真夏日となる日が多いでしょう。本格的な暑さが続くようになりますので、万全な熱中症対策をなさってください。
最低気温は九州から東北で25℃くらいまでしか下がらず、寝苦しい夜になるでしょう。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、夜間の熱中症にもご注意ください。