あす11日(日)も局地的に激しい雨。記録的な大雨となっている九州など、新たな災害発生に警戒を。大雨のあとは、九州から東北で続々と梅雨明けか。

あす11日 局地的に激しい雨

画像A

あす11日(日)も梅雨前線の活動が活発で、九州はあす明け方から朝をピークに、発達した雨雲が次々とかかる予想です。いったん雨の降り方が小康状態になっている所も、これまでの記録的な大雨によって地盤が緩んでいる所があります。土砂災害など新たな災害が発生する可能性があるため、外が明るいうちにできるだけ安全な場所に移動して下さい。
中国・四国から関東にかけても、大気の状態が不安定です。気温が上がる午後はあちらこちらで雨雲が発達。1時間に30ミリ以上の激しい雨の降る所があるでしょう。アッという間に道路が川のようになるほどの雨の降り方で、天気の急変に注意が必要です。東北や北海道もにわか雨や雷雨があり、激しく降るおそれもあります。

来週前半にも続々と梅雨明けか

画像B

この先の予想天気図、ポイントは梅雨前線と高気圧です。12日(月)は梅雨前線が東海や関東の沿岸部にのびる予想ですが、13日(火)以降は梅雨前線が北上するでしょう。夏の太平洋高気圧が勢力を強めるためで、大雨のあとは九州から東北で続々と梅雨明けする可能性があります。

週明けの天気傾向

画像C

来週は雨が降ったとしても、短時間に降る雨で、梅雨の長雨のような降り方ではないでしょう。日中は晴れると日差しが強く、気温も上がりそうです。沖縄や九州から東海は連日、最高気温が30度以上の真夏日になる所が多いでしょう。東京都心は、きょう10日(土)の最高気温(午後3時まで)が33.4度と、今年一番の暑さになりましたが、しばらく蒸し暑さが続きそうです。万全な熱中症対策をなさって下さい。