あす14日も大気の非常に不安定な状態が続き、九州から関東甲信を中心に所々で雨雲や雷雲が発達するでしょう。激しい雨の降る所もありそうです。16日(金)ごろまで雷雲の発生しやすい状態が続きますが、17日(土)頃からは晴れる日が多くなるでしょう。

今夜にかけても非常に激しい雨の恐れ

画像A

きょう13日午前11時に九州北部と中国地方が梅雨明けしたとみられると発表がありました。
ただ、上空の寒気や湿った空気の影響で、全国的に大気の状態が非常に不安定となっています。1時間に宇都宮市で42.0ミリ、東京都江戸川区で39.0ミリを観測するなど、所々で激しい雨が降りました。今夜にかけても九州から北海道の所々で雨や雷雨になるでしょう。東海や関東では特に雨雲や雷雲が発達しやすく、局地的に非常に激しい雨が降りそうです。

大気の不安定な状態いつまで?

画像B

14日(水)も大気の不安定な状態が続くでしょう。九州から東海、北陸は晴れ間がでますが、昼頃から所々で雨雲や雷雲が発達し、激しい雨の降る所がありそうです。関東甲信は雨が降ったりやんだりで、局地的に激しい雨が降るでしょう。激しい雨が降ると道路が一気に川のようになってしまうことがあります。アンダーパスなど道路の冠水にご注意ください。
その後も16日(金)ごろまでは九州から関東甲信で大気の不安定な状態が続き、午後を中心に広い範囲で雷雲が発達する予想です。天気の急変にご注意ください。

続々と梅雨明けか

画像C

17日(土)以降は太平洋高気圧の日本付近への張り出しが強まり、晴れる所が多くなるでしょう。まだ梅雨明けしていない地方も続々と梅雨明けとなる可能性があります。ただ、九州から近畿の太平洋側を中心に湿った空気が流れ込みやすく、にわか雨や雷雨がありそうです。天気の急変には引き続き注意が必要です。
最高気温は沖縄や九州から北海道にかけても広く30℃以上となり、来週は近畿や東海で35℃くらいまで上がる所もあるでしょう。本格的な暑さが続くようになります。熱中症にならないよう、こまめに水分をとるようにしましょう。汗をかいたら適度に塩分も補給してください。屋内では適切に冷房を使い、無理のないようにお過ごしください。