大型で強い台風6号は、発達しながら、依然としてゆっくりとした速度で沖縄の南を北上。あす24日(土)にかけて「非常に強い勢力」で沖縄の先島諸島にかなり接近する見込み。日本のはるか南には新たに熱帯低気圧が発生。動向に注意が必要。

大型で強い台風6号 発達しながらも 動きはゆっくり

画像A

大型で強い台風6号は、きょう23日(金・スポーツの日)正午には、宮古島の南約30キロをゆっくりとした速さで北よりに進んでいます。
中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルです。
けさ8時37分に、宮古地方の下地島空港では38.6メートルの最大瞬間風速を観測するなど、沖縄地方では非常に強い風が吹き荒れています。何かにつかまっていないと立っていられないほどの風です。また、海上では猛烈なしけになっています。奄美地方でも強い風が吹いていて、荒れた天気になっています。
大型で強い台風6号は、今後も発達しながらゆっくりと北上して、「非常に強い勢力」になって、あす24日(土)にかけて先島諸島にかなり接近する見込みです。台風の動きが遅いため、宮古島などの先島諸島を中心に影響が長引くでしょう。
先島諸島など沖縄地方では、あす24日(土)にかけて猛烈な風が吹いて、海上ではうねりを伴った猛烈なしけが続きそうです。
奄美地方でも、あさって25(日)にかけて荒れた天気が続き、うねりを伴った大しけの状態が続くでしょう。

予想される最大風速・波の高さ

画像B

画像C

台風6号の影響で、沖縄地方では暴風が吹いて、猛烈なしけになっています。
沖縄地方では、あす24日(土)にかけて猛烈な風が吹いて、大荒れの天気が続くでしょう。また、うねりを伴った猛烈なしけの状態も続きそうです。あさって25日(日)は非常に強い風が吹き、うねりを伴った大しけになるでしょう。
また、奄美地方では、あさって25日(日)にかけて強い風が吹いて荒れた天気になり、海上ではうねりを伴った大しけが続きそうです。
暴風やうねりを伴った高波に警戒してください。特に、先島諸島では猛烈な風が吹いて、一部の住家が倒壊するおそれがあります。屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒してください。また、猛烈なしけが続きますので、高波にも厳重に警戒してください。

予想される雨の量

画像D

沖縄地方と奄美地方では、台風周辺の暖かく湿った空気がどんどん流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になっています。
沖縄の渡嘉敷島では、きょう23日(金・スポーツの日)の午前10時40分までの1時間に25.0ミリの雨が観測され、土砂降りになっています。
あさって25日(日)にかけて、カミナリを伴った非常に激しい雨が降って、大雨になる所があるでしょう。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫に厳重に警戒してください。また、竜巻などの激しい突風や落雷にご注意ください。
さらに、台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄地方ではあす24日(土)にかけて潮位が高くなり、海岸や河口付近では浸水や冠水のおそれがあります。高潮にも厳重に警戒してください。

新たに熱帯低気圧が発生

画像E

きょう23日(スポーツの日・金)午前9時に、日本のはるか南で熱帯低気圧が発生しました。
この熱帯低気圧の発達具合や進路にはまだ幅があります。ただ、週明けは太平洋高気圧がいったん勢力が弱まるため、本州付近を熱帯低気圧が通ることも考えられます。この熱帯低気圧が本州付近にも影響を与えるおそれがありますので、今後も目が離せません。最新の情報をチェックなさってください。