メイン画像

大型の台風8号は27日(火)頃に関東甲信や東北に接近、上陸の恐れ。関東甲信では26日(月)の夜から雨が降り出し、沿岸部を中心に風が強まるでしょう。27日(火)は荒れた天気となる恐れがあります。

台風8号の進路

画像A

大型の台風8号は南鳥島近海を北上しています。日本の東を発達しながら北西へ進み、27日(火)頃に関東や東北に接近、上陸する恐れがあります。その後、台風は本州付近を横断し、日本海へ進むでしょう。
台風8号は大型で、強風域(風速15m/s以上の風が吹く範囲)の半径が500キロメートル以上800キロメートル未満と大きいため、台風が接近、上陸前や過ぎた後も風が強まりそうです。

27日(火)頃は荒天の恐れ

画像B

関東甲信は、26日(月)は日中は晴れ間がでるでしょう。ただ、台風8号の北上に伴って次第に湿った空気が流れ込み、夜は雨が降りだす予想です。カミナリを伴って、激しく降る所もあるでしょう。沿岸部を中心に風も強まりそうです。
27日(火)は、台風が接近または上陸し、荒れた天気となる恐れがあります。非常に強い風が吹き、海上はうねりを伴った大しけとなるでしょう。予想される最大風速は、20から24メートル、最大瞬間風速は25から35メートルです。何かにつかまっていないと立っていられないような風が吹くでしょう。
また、台風本体の発達した雨雲がかかる予想です。27日(火)午前6時までの24時間雨量は、多い所で100から150ミリの見込みです。その後、28日(水)の午前中にかけても雨が降り、雨量がさらに増えそうです。台風の勢力や進路によっては警報級の大雨となる可能性もあります。
強風や高波、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒してください。交通機関への影響にも注意が必要です。