台風8号があす27日(火)、関東甲信や東北に接近・上陸のおそれ。南の海上では、台風が連続して発生する可能性も。厳しい暑さはしばらく続きます。

火曜 関東や東北は荒れた天気

画像A

台風8号は、きょう26日(月)午前9時現在、日本の東を1時間に約35キロの速さで北北西に進んでいます。中心気圧は992hPa、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルとなっています。あす27日(火)の午前9時には千葉県銚子市の東約110キロの海上へ進み、関東甲信や東北に接近・上陸するおそれがあります。台風のまま本州を横断して、28日(水) 朝までには熱帯低気圧に変わる見込みです。
あす27日(火)は、関東甲信や東北では荒れた天気になるでしょう。瞬間的には30メートルの非常に強い風が予想されています。何かにつかまらないと立っていられないような風です。看板が落下してくる可能性もあります。
台風が近づくと急に雨の降り方も強まるでしょう。関東の沿岸部や東北の太平洋側などでは、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうです。北陸も次第に雨脚が強まり、28日(水)にかけて大雨となるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫に警戒・注意して下さい。海上では大しけとなるため、うねりを伴った高波にも警戒が必要です。

前半:27日(火)〜8月2日(月)

台風8号が日本海に抜けたあとも、本州付近は湿った空気の影響を受けやすいでしょう。大気の状態が不安定になるため、雨雲や雷雲が発達しやすい条件となります。晴れていても急な雨や雷雨に注意が必要です。
最高気温は30度以上の真夏日の所が多く、関東から西では35度前後まで上がる所が多いでしょう。平年と比べてかなり高いのは北海道。札幌の最高気温は、28日(水)に33度予想です。体にこたえる暑さが続くため、こまめな水分補給や冷房の効いた涼しい所で過ごすなど、熱中症対策が必要でしょう。

後半:8月3日(火)〜8日(日)

画像C

夏の太平洋高気圧にすっぽりと覆われる日は少なく、安定した夏空は続かない見込みです。新たな台風が発生する可能性もありますので、最新の情報をご確認下さい。
また高気圧の周りに沿うように暖かい空気が流れ込むため、気温の高い状態が続くでしょう。注意するポイントは「朝晩も気温が下がりにくい」こと。暖まった空気が残る所に日差しが加わり、一日を通して不快な暑さとなりそうです。寝る前にコップ一杯の水を飲むなど、熱中症対策をしっかりして下さい。