台風8号は、東北地方を横断中。午後は激しい雨の範囲が、東北の太平洋側から日本海側へ移る見込みです。東北の日本海側では、激しい雨や雷雨に注意が必要です。

大雨の範囲 太平洋側から日本海側へ

画像A

台風8号は、7月28日午前6時前、宮城県石巻市付近に上陸。午前9時現在、岩手県盛岡市の南を1時間に25キロの速さで北北西に進んでいます。中心気圧は994hPa、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。東北地方の大部分が風速15メートル以上の強風域に入っています。このあと、台風は東北を横断しながら北西に進み、今夜(28日午後9時)には秋田市付近で温帯低気圧に変わる見込みです。その後は、日本海を進むでしょう。
28日の朝は台風の活発な雨雲がかかり、岩手県陸前高田市で1時間に40ミリ以上のバケツをひっくり返したような激しい雨が降りました。台風の西進に伴い、午後は活発な雨雲が太平洋側から日本海側に移る見込みです。秋田県など日本海側では、次第に雨脚が強まり、1時間に30ミリ以上の激しい雨の降り、警報級の大雨の恐れがあります。比較的短い時間にザっと強い雨が降るため、アンダーパスなど低い土地の浸水や、中小河川の増水・氾濫などに注意・警戒が必要です。

雨が止んでも油断禁物

岩手県など東北の太平洋側では、午後は次第に雨が弱まってきますが油断禁物です。この先、週末にかけて大気の不安定な状態が続くため、少しの雨でも土砂災害などに注意・警戒が必要です。