29日は、北陸から東北を中心に広範囲が不安定な天気で、晴れていても急な雨や雷雨。局地的に猛烈な雨も。土砂災害、川の増水や低い土地の浸水に注意、警戒を。落雷や突風、竜巻の可能性も。多くの所で真夏日で、猛暑日になる所もあり、東北から九州、沖縄には熱中症警戒アラート。

大気の状態が不安定

画像A

【気圧配置】
台風8号から変わった低気圧が日本海で、ほぼ停滞しています。このところの高温傾向で熱せられた地上付近と、この時期としては冷たい空気が入り込んでいる上空との温度差、それに台風が持ち込んだ南からの湿った空気が、大気の状態を不安定にしています。
このため、本州中部を中心に北海道から九州まで、急な強い雨やカミナリの発生する可能性が高くなっています。

画像B

きょうの天気 各地で急な雨と雷雨

画像C

広範囲で大気の状態が不安定になっています。
すでに局地的に強い雨の降っている所やカミナリが発生している所がありますが、日中は範囲が広がるでしょう。
北海道、東北から関東、東海、北陸は、晴れ間はあっても雲が多い天気です。昼頃から夜を中心に、道路が川のようになる激しい雨や滝のように非常に激しい雨の降る所もある見込みです。
晴れるエリアが広い近畿から九州でも、天気の急な変化に要注意です。
沖縄は、大体晴れますが、雲が広がる所もあるでしょう。

画像D

きょうの気温 東北から九州、沖縄には熱中症警戒アラート

画像E

北海道から九州、沖縄まで、厳しい暑さの所が多いでしょう。
高冷地を除く全国のほぼ100パーセントが25℃以上の夏日で、90パーセントは30℃以上の真夏日になる予想です。
北海道から九州の内陸を中心に、35℃以上の猛暑日になる所がある見込みです。

【熱中症警戒アラート】

画像F

岩手県、岡山県と広島県、香川県と徳島県、福岡県と長崎県、大分県、熊本県、鹿児島県(奄美を除く)、沖縄県の沖縄本島地方と八重山地方には、「熱中症警戒アラート」が発表されています。
これらの各地は、特に熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されてます。外出はなるべく避け、室内をエアコン等で涼しい環境にして過ごしてください。
特別の場合以外は、運動は行わないようにし、身近な場所での暑さ指数を確認しながら、熱中症予防のための行動を、お取りください。