あす30日(金)も、日本付近に湿った空気が続々と。空模様の急な変化に注意。特に、東海や関東甲信、北陸、東北は雨雲が発達しやすく、道路が一気に冠水するほどの非常に激しい雨も。

きょう29日(木) 局地的に猛烈な雨

きょう29日(木)は、台風8号から変わった低気圧が日本海で停滞し、この低気圧に向かうように南から高温多湿な空気が流入。その一方で、上空には冷たい空気が流れ込んでいます。地面付近と上空の気温差が大きく、雨雲や雷雲が発達しやすい状況(大気の状態が不安定)です。
静岡空港で午前5時13分までの1時間に88.0ミリの雨が降るなど、静岡県内で猛烈な雨を観測。福井県でも、明け方から朝にかけて福井市付近などで猛烈な雨が降ったとみられ(レーダによる解析)、記録的短時間大雨情報が発表されました。
日中も東海や北陸を中心に局地的に激しい雨や雷雨に。午後3時50分までの1時間に、新潟県五泉市村松付近で約120ミリの猛烈な雨が降ったとみられ(レーダによる解析)、記録的短時間大雨情報が発表されています。

30日(金)も大気の不安定な状態が続く

画像B

あす30日(金)も気圧配置にほとんど変化がありません。元台風8号の低気圧が日本海に。上空には寒気が居座ります。
北海道から近畿にかけて、所々で雨雲が湧くでしょう。晴れていても、突然の雨にお気を付けください。特に「東海・関東甲信・北陸・東北」は、道路が一気に冠水するような、非常に激しい雨の降る所もあるでしょう。これまでの雨で地盤の緩んでいる所があり、土砂災害の危険度が高まるおそれもあります。また、川や用水路は、その場で雨が降っていなくても、上流や周辺の激しい雨によって急に水位が上昇するケースがあります。むやみに近づかないようにしてください。落雷や突風にも十分な注意が必要です。

天気急変のサインに気を配って

あすも「真っ黒な雲が近づく」「ヒンヤリした風が強まる」「ゴロゴロという音が聞こえてくる」といった天気急変のサインに気を配ってください。
また、気象レーダーの雨雲の様子をこまめにチェックするのも、激しい雨や雷雨を回避するのに有効です。