東北地方は前線や低気圧の影響で、あす(水)にかけて大雨となる恐れがあります。土砂災害や河川の増水、氾濫などに警戒が必要です。また、あす(水)以降は気温が平年を上回る所が多く、厳しい暑さが戻るでしょう。

きょう(火) 前線北上 夜は三陸沿岸中心に本降りの雨に

画像A

12時35分現在、福島県など東北南部を中心に雨が降っています。
このあと前線が次第に北上するため、午後は雨の降る範囲が東北北部にも広がるでしょう。
太平洋側を中心に雨雲が発達し、雷を伴って1時間に30ミリの激しい雨の降る所もありそうです。
雨の強まるタイミング
・福島県 このあと昼過ぎ〜夜のはじめ頃
・宮城県 夕方〜夜のはじめ頃
・秋田県 今夜〜あす(水)朝
・岩手県 今夜〜あす(水)明け方
・青森県 今夜遅く〜あす(水)朝
特に、湿った東風の影響も受ける三陸沿岸では雨量が多くなる恐れがあります。
暗い時間帯に雨が強まる可能性が高いため、避難が難しい時はなるべく崖から離れた2階以上の比較的安全性の高い所へ移動するようにして下さい。

あす(水) 午後は広く大気の状態不安定 内陸部や山沿い中心に激しい雷雨の恐れ

画像B

前線による雨雲はあす(水)の昼前には抜けていくでしょう。福島県や宮城県など日差しの届く時間もありそうです。
ただ、午後は気温の上昇や湿った空気の影響で広い範囲で大気の状態が不安定となるでしょう。
内陸部や山沿いを中心に雨雲が湧いて、にわか雨や雷雨がありそうです。
局地的にはバケツをひっくり返したような激しい雨の降る恐れもあります。
あす(水)の午後は急な激しい雨や落雷など天気の急変に注意して下さい。

あす(水)以降 厳しい暑さ復活 熱中症など体調管理に注意

画像C

南から暖かい空気が流れ込むため、あす(水)以降は厳しい暑さが戻ってくるでしょう。
これまでとの気温差がかなり大きくなるため、熱中症のリスクが高くなりそうです。
のどが渇く前に水分補給したり、大量の汗をかいたら塩分も忘れずに補給するようにしましょう。
また、室内にいても熱中症にかかることがあります。適切に冷房を使用するなどして、熱中症対策をしっかりと行って下さい。