きょう18日(水)も西日本や東日本の広い範囲で雨が降るでしょう。引き続き大雨による土砂災害や、川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。また雨の範囲は北日本にも広がり大雨になる所がありそうです。

九州から東海は大雨が続く

画像A

きょう18日(水)も西日本には前線が停滞するでしょう。また前線に向かって湿った空気が流れ込むため、大気の不安定な状態も続く見込みです。九州から東海にかけて広い範囲で雨が降り、局地的に非常に激しい雨が降りそうです。
11日(水)から続く大雨により、降水量が年間の半分を超える雨が降った所もあります。わずかな雨でも土砂災害の危険があり、引き続き厳重に警戒してください。

関東甲信は晴れ間 東北と北海道は大雨の所も

画像B

関東甲信は、日本の東の高気圧に緩やかに覆われて、久しぶりに長い時間、晴れ間があり、暑さも戻りそうです。ただ大気の状態は不安定で所々で雨雲や雷雲が湧くでしょう。こちらは天気の急変にご注意ください。
日本海の前線上の低気圧が近づく東北と北海道は雨が降るでしょう。雷雨や激しく降る所もあり、夜にかけて雨が降る所も多く、大雨となる恐れがあります。土砂災害や、川の増水には警戒してください。

土砂災害の前兆現象に注意

画像C

これまでに降った大雨によって地盤の緩んでいる所では、再び土砂災害の危険度が高まる恐れがあります。
土砂災害の兆候には、
・川が濁ったり、木が流れたり、土臭いにおいがしたりする
・降雨が続いているのに、川の水位が減少する
・斜面(崖)から物音がする、石が落ちてくる、水が浸みだす
・地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れたりする
・地鳴りがする
などがあります。
少しでも異変を感じたら、災害から身を守るために、早めに安全な場所へ避難してください。