きょう20日(金)は関東や北陸、東北、北海道を中心に強い日差しで気温がグングン上昇しました。埼玉県や茨城県、新潟県では35℃以上の猛暑日になった所もありました。また、札幌や大阪でも30℃以上の真夏日になりました。

埼玉県や新潟県で猛暑日 札幌や大阪なども真夏日に

きょう20日(金)は、関東や北陸、東北、北海道を中心に強い日差しが照りつけて、気温がグングン上昇しました。特に関東や北陸を中心に厳しい暑さとなり、午後2時までの最高気温は、埼玉県久喜市で35.3℃、茨城県古河市で35.2℃、埼玉県熊谷市で35.2℃、新潟県秋葉区で35.1℃と猛暑日を観測しました。さらに東京都練馬区では34.9℃、都心は33.7℃などと、猛暑日に迫るほどの暑さになりました。また、きのう19日(木)、最高気温が25℃に届かなかった大阪は、きょう20日(金)は午前中に日差しが出て気温がグッと上がりました。午後2時までの最高気温は、きのう19日(木)よりも6℃以上も高く、31.2℃と2日ぶりに真夏日になりました。また札幌でも13日ぶりの真夏日となりました。

21日(土)も蒸し暑さ続く 熱中症対策を

あす21日(土)も九州から北海道にかけて最高気温30℃以上の所が多くなりそうです。曇りや雨で日差しが少なくても蒸し暑さが続くでしょう。こまめな水分補給を心がけ、熱中症にならないようにご注意ください。