台風12号は、22日昼過ぎにかけて、沖縄の先島諸島に最も接近する予想です。宮古島地方では、暴風やうねりを伴う高波に警戒が必要です。また、雨雲の発達程度によっては、警報級の大雨になるおそれもありますので、土砂災害などにも十分お気をつけください。

予想される風・波・雨は?

画像A

22日10時現在、沖縄・宮古島の南東、約50キロを、1時間に20キロの速さで北北西に進んでいる台風12号。宮古島などが、台風の強風域に入っています。
台風は、この後、昼過ぎにかけて、沖縄の先島諸島に、最も接近するでしょう。沖縄地方では、22日昼過ぎにかけて、先島諸島を中心に、大荒れの天気や大しけとなりそうです。また、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となるおそれがあります。
22日に予想される最大瞬間風速は、宮古島地方で35メートル、八重山地方で30メートルです。さらに、22日に予想される波の高さは、宮古島地方で6メートル、沖縄本島地方と八重山地方で4メートルとなっています。先島諸島と沖縄本島地方では、しけや波の高い状態は23日にかけて続くでしょう。
また、台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、沖縄地方では、大気の状態が不安定となり、22日昼過ぎにかけて、先島諸島を中心に、雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。23日12時までに予想される24時間降水量は、先島諸島の多い所で100ミリです。なお、宮古島地方では、雨雲の発達の程度によっては、警報級の大雨となるおそれがあります。
沖縄地方では、先島諸島を中心に、22日昼過ぎにかけて暴風や高波に警戒するとともに、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に、十分ご注意ください。

台風の暴風 家の中で いるべき所は

画像B

台風は、中心が近づくにつれて暴風をもたらし、さらに台風のスピードが遅いと、暴風が長い時間続く場合があります。また、台風の中心から離れていても、大気の状態が不安定になり、竜巻などの突風が吹くこともあります。暴風や突風によって、建物に様々な物が飛んでくることもありますので、室内でも十分な注意が必要です。
具体的には、台風が近づいている時には、屋内でもできるだけ窓から離れましょう。なるべく家の中心部に近い所で、窓のない部屋に避難してください。もし窓がある場合は、窓を閉めて、カーテンを引き、雨戸やシャッターがあれば、閉めておきましょう。風が強くなってからの屋外での作業は、暴風によって転倒する恐れがありますので、絶対にやめてください。