沖縄の先島諸島に接近中の台風12号は、今後、東シナ海を北上し、23日朝には、低気圧に変わる見込みです。台風12号から変わる低気圧周辺の暖かく湿った空気が、本州付近に顕著に影響が出るのは、24日から25日で、雨の降り方に注意が必要です。

台風12号 先島諸島に接近中

画像A

22日、台風12号は、先島諸島に最も接近しています。14時までの最大瞬間風速は、宮古島の下地島空港で23.7メートル、宮古島市平良で23.3メートル、宮古空港で21.6メートルを観測しました。
台風12号は、今後、東シナ海を北上し、23日朝には、低気圧に変わる見込みです。
22日、台風周辺の暖かく湿った空気が、東シナ海から対馬海峡付近、更に日本海に流れ込んでおり、対馬海峡付近で雨雲が発達しています。

23日 九州〜関東を中心に大気の状態が不安定 雷雨や激しい雨

画像B

23日は、前線が本州付近を南下する見込みです。上空にはこの時期としては冷たい空気が流れ込み、九州から関東を中心に、大気の状態が不安定になるでしょう。
九州や中国、四国は雨や雷雨の所が多い見込みです。近畿から関東では、断続的に雨が降り、局地的にカミナリが鳴り、傘をさしていても濡れてしまうくらい激しい雨が降るでしょう。東北や北海道は、明け方までを中心に、雨雲やカミナリ雲がかかる見込みです。日中は晴れ間が出るでしょう。
発雷確率とは、カミナリがどれだけ発生しやすいかを示したものです。オレンジから赤、紫と色ごとに確率が高くなります。

24日〜25日 台風から変わる低気圧周辺の暖湿気 九州や本州に影響か

画像C

台風12号から変わる低気圧周辺の暖かく湿った空気が、本州付近に顕著に影響が出るのは、24日から25日です。対馬海峡から日本海に、熱帯から持ち込まれた暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。
九州北部や中国地方、北陸、東北を中心に発達した雨雲がかかり、雨量が多くなる可能性があります。今後、最新の気象情報をご確認下さい。
一方、25日は、夏の太平洋高気圧が本州に張り出しを強めるため、九州から近畿の太平洋側、東海付近では、晴れ間が出る見込みです。ただ、晴れ間が出る地域でも、一時的に雨や雷雨の可能性があります。

26日〜29日 東海や関東を中心に暑さ更に厳しく

26日から29日にかけては、晴れ間が出る所が多い見込みです。ただ、急に雨雲やカミナリ雲がわくことがあるでしょう。
東海や関東を中心に、暑さが更に厳しくなりそうです。最高気温は、東京都心は33℃くらいまで上がる日があり、名古屋では、連日35℃くらいでしょう。万全な熱中症対策が必要です。

8月末から夏の太平洋高気圧が弱まる 9月に入ると極端な暑さ収まる傾向

画像E

8月末には、夏の太平洋高気圧は、勢力を弱める見込みです。9月初めにかけて、北日本を中心に気圧の谷の影響を受けやすいでしょう。九州など西日本を中心に、強い日差しが照り付ける日がありますが、全般に雲が広がりやすいく、雨が降る日もあるでしょう。9月に入ると、極端な暑さは収まる傾向です。それでもまだ残暑が厳しい時期ではありますが、東京都心や福岡でも、最高気温が30℃に届かない日がある予想です。