台風12号から変わった低気圧の影響で、25日(水)にかけて北陸から北海道は日本海側を中心に大雨の恐れ。九州から関東も急な激しい雨に注意。26日(木)からは晴れて、猛烈な暑さも。

元台風12号の影響で大雨の恐れ

画像A

台風第12号から変わった低気圧は日本海を北東へ進み、前線が25日(水)にかけて北日本へ北上する予想です。元台風が持ち運んだ暖かく湿った空気が流れ込むでしょう。25日(水)にかけて北陸や東北、北海道は日本海側を中心に雷を伴った激しい雨や非常に激しい雨が降り、大雨となる見込みです。25日(水)午後6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で、東北地方で150ミリ、北陸地方で120ミリ、北海道地方で100ミリです。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒してください。また、沿岸部を中心に風も強まり、横殴りの雨になる所もあるでしょう。
九州から関東も大気の状態が不安定で、所々で雨雲や雷雲が発達しそうです。急な激しい雨や落雷、突風に注意が必要です。

高温に関する情報も 猛烈な暑さの所も

画像B

26日(木)頃からは太平洋高気圧が勢力を強め、西日本や東日本を覆うでしょう。真夏のやり直しかのように広く晴れて、一段と厳しい暑さになりそうです。気象庁からは「高温に関する全般気象情報」が発表されています。31日(火)頃にかけて最高気温は九州から関東では35℃以上、沖縄・奄美では33℃以上となる所があるでしょう。
8月もそろそろ終わりですが、熱中症に警戒が必要です。こまめに水分をとり、汗をかいたら、塩分も適度にとりましょう。室内では適切にエアコンを使い、涼しくしてお過ごしください。
(*一部字句を修正しました)