気象庁は本日(25日)、9月から11月までの3か月予報を発表しました。気温は平均すると平年並みですが、10月は平年より高く、秋の訪れはゆっくりとなりそうです。台風と秋雨前線の動向に注意が必要です。

秋の訪れはゆっくり 気温の傾向

気象庁は本日(25日)、9月から11月までの3か月予報を発表しました。3か月の平均気温は平年並みですが、10月は全国的に平年より高く、秋の訪れはゆっくりとなりそうです。
上空の強い風(ジェット気流)は、日本付近ではほぼ平年に近い流れが予想され、夏の太平洋高気圧は日本の南海上で張り出しが強まる見込みです。そのため、3か月の平均気温は、沖縄や奄美で平年並みか高く、西日本から北日本では、平年並みの予想です。
◆9月は沖縄・奄美で高く、西日本・東日本はほぼ平年並みの予想です。例年と同様、残暑となる見込みです。
◆10月は太平洋高気圧が、この時期としては一時的に強まり、全国的に気温は平年並みか高くなる見込み。
◆11月は、寒気の影響を受けやすい日が増え、全国的に初冬らしい寒さとなりそうです。

台風と秋雨前線の動向に注意

降水量は全国的に平年並みの予想です。台風シーズン+秋雨と、雨量が多くなる時期です。今後も秋雨前線や台風の動向に注意が必要です。
9月は、太平洋高気圧が次第に弱まり、日本付近には秋雨前線が停滞しやすくなります。海面水温は、太平洋赤道域中部では低く、積乱雲の発生が少ない予想です。このため、台風の発生は特別多くなることはなさそうですが、発生すると日本に近づきやすい気圧配置となるため、今後も動向に注意が必要です。
※北日本:北海道、東北
東日本:関東・東海・北陸
西日本:近畿・中国・四国・九州