きょう25日は、九州〜関東で厳しい暑さとなりました。最高気温が35℃以上の猛暑日地点は半月ぶりに10地点以上、二桁となりました。あす26日以降は、猛暑のレベルが上がります。熱中症に厳重な警戒が必要です。

10地点以上で猛暑日

きょう25日は、関東から西で気温がグッと上がりました。午後3時半までの最高気温は、三重県尾鷲市で36.5℃と体温並みの暑さとなりました。その他、静岡市清水で35.9℃、大分市では35.7℃と、8月下旬のここにきて今年一番の暑さとなりました。その他、高松市、岡山市など10地点以上で猛暑日となりました。
きのう(24日)、おととい(23日)は、全国で35℃以上の猛暑日になった所はなく、3日ぶりの猛暑日。また、半月ぶりに(15日ぶり)35℃以上の猛暑日地点は10地点を超えました。
その他、東京都心は34.4℃、大阪と福岡は34.1℃など、湿度も高く厳しい暑さとなりました。

画像B

あす26日からは、暑さのレベルが上がります。あす26日から関東〜九州では、連日、最高気温35℃以上の猛暑日となりそうです。気象庁は、きのう(24日)、高温に関する情報を発表。あす26日から31日にかけて東日本と西日本では35℃以上、沖縄・奄美では33℃以上と、気温の高い状態が通く見込みです。
8月も下旬ですが、関東以西は連日35℃以上の猛暑日となるため、熱中症に厳重な警戒が必要です。特に、名古屋や大阪では、29日(日)にかけて36℃予想の日も。気象庁の最高気温の予想は幅をもたせていて、34℃〜38℃と予想している日もあります。体温を上回る危険な暑さの日もありますので、熱中症に一層の警戒が必要です。