きょう31日、九州は厳しい残暑が続き、内陸部は最高気温が35度以上の猛暑日になる所があるでしょう。熱中症に警戒して下さい。9月に入ると、秋雨前線の影響を受けてぐずついた天気が現われ、秋めく日がででくる見込みです。

九州 8月最終日は厳しい残暑

画像A

九州は夏の終わりになって、ようやく夏らしい天気が戻っています。
8月最後のきょう31日は、九州は高気圧に覆われて各地とも晴れて、日中は残暑が厳しくなるでしょう。最高気温は32度前後の所が多く、佐賀県佐賀市や福岡県久留米市、大分県日田市など内陸部は35度の猛暑日になる見込みです。熱中症に警戒して下さい。
こまめに水分を補給したり、たくさん汗をかく時は、適度な塩分補給も行いましょう。また、少しでも体調に異変を感じたら、涼しい所で休憩をとるようにして下さい。

秋雨前線 九州へ南下

画像B

あす9月1日まで、九州は大体晴れるでしょう。
2日(木)は秋雨前線が次第に九州へ南下するため、九州北部から雨が降り出し、3日(金)は九州南部でも雨が降る見込みです。
週末も九州はぐずついた天気ですが、前線が南へ下がると、大陸から涼しい空気が流れ込むため秋めき、厳しい残暑は収まるでしょう。
来週も、秋雨前線や湿った空気の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多くなる見込みです。