九州は、きょう2日からあす3日にかけて秋雨前線がゆっくりと南下するため、大気の状態が非常に不安定で、一時激しい雨が降る所があるでしょう。落雷や竜巻などの激しい突風、雨の降り方にご注意下さい。前線が南下した後は、気温が下がり少し秋めきそうです。

局地的に激しい雨のおそれ

画像A

きょう2日明け方から朝にかけて、活発な雨雲が九州北部を通過し、非常に激しい雨や激しい雨が降った所がありました。時間雨量は、長崎県壱岐空港62.5ミリ、佐賀県唐津市52.5ミリ、佐賀県佐賀市北山で50.0ミリと、9月としては統計開始以来1位の記録となりました。
あす3日にかけて、秋雨前線が九州付近をゆっくりと南下するため、大気の状態が非常に不安定で、九州は北部を中心に局地的に雷を伴い激しい雨が降るおそれがあります。
いったん雨が弱まっても、再び雨雲が発達する可能性があります。あす3日にかけて激しい雨や落雷、竜巻などの激しい突風にご注意下さい。

週末は少し秋めく 来週も一時秋雨

画像B

今週末は、秋雨前線は九州の南海上へ南下し活動が弱まるため、九州は天気が持ち直し、晴れる所が多くなるでしょう。また、北から秋の涼しい空気が流れ込むため、九州北部を中心に一時的に気温が下がり、少し秋めく見込みです。
ただ、来週になると西から秋雨前線が北上してくるため、蒸し暑さが戻り、ぐずついた天気になる日があるでしょう。