あす4日も秋雨前線が停滞する予想で、西日本と東日本では大雨となるおそれがあります。雨雲の発達の度合いによっては警報級の大雨となる可能性があり、警戒が必要です。

4日も秋雨前線が停滞 雨のピークは

秋雨前線が本州付近に停滞していて、きょう(3日)は九州から東北南部の広い範囲で雨が降りました。あす(4日)も前線が本州付近に停滞する予想です。また、南から暖かく湿った空気が流れ込み、上空の寒気の影響で、大気の状態が非常に不安定となる見通しです。そのため、あすも九州から東北にかけて広く雨が降るでしょう。あすも引き続き、低い土地の浸水や土砂災害、川の増水や氾濫に警戒が必要です。
西日本では、雨が小康状態となっている所もありますが、今夜から再び活発な雨雲がかかりそうです。中国四国や近畿ではあす昼前ごろまでをピークに、局地的に雷を伴って激しく降るでしょう。特に、南から暖かく湿った空気が流れ込んで、相対的に冷たい空気との境界となる中国地方や、近畿北部・中部などでは、まとまった雨となりそうです。あす午後になると、雨のやむ所が多いでしょう。
九州は、はじめ所々で雨や雷雨となりますが、昼ごろからは日差しが出そうです。

東日本でも雨脚強まる

画像B

東日本でも、明け方ごろから北陸や東海、甲信などに活発な雨雲がかかるでしょう。また、昼ごろからは関東でも所々で雨脚が強まりそうです。北陸や東海では激しい雨や雷雨の所があり、雨雲の発達の度合いによっては警報級の大雨となる可能性があります。また、関東甲信でも局地的に激しい雨が降るでしょう。
雨のピークは夜のはじめごろまでで、夜遅くまでには雨のやむ所が多くなる見込みですが、大気の非常に不安定な状態が続くため、その後の雨にも注意・警戒が必要です。
一方、東北は南部を中心に雨雲がかかり、昼すぎまでは本降りの雨となる所もありそうです。北海道は日差しの出る所が多いですが、所々でにわか雨があるでしょう。

予想される雨の量は

画像C

あす午後6時までに予想される雨の量は、いずれも多い所で、
東海で120ミリ、
関東甲信で100ミリ、
北陸、近畿、中国地方で80ミリとなっています。
西日本と東日本では、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒・注意が必要です。